スタジオミュージシャンの仕事内容

スタジオミュージシャン

スタジオミュージシャンとは、ソロの歌手など自分以外のミュージシャンがCDのレコーディングをする際に手伝う形で演奏を行い、収入を得ている人のことを言います。自分のバンドやグループではなく、他人のために演奏することが中心となり、自ら作曲や編曲を行う人もいます。

スタジオミュージシャンには、レコード会社や芸能プロダクションに所属する人と、フリーランスで活動する人がいます。

フリーランスの場合は自分で仕事を探す必要がありますが、「日本スタジオミュージシャン連盟」という音楽レーベルとの間を取り持つ会員制の組織に登録し、仕事の依頼を待つ人もいます。

なお、他のミュージシャンがライブなどを行う際に同行し、サポートメンバーとして演奏をする人のことは「サポートミュージシャン」と呼ばれています。

スタジオミュージシャンになるには

スタジオミュージシャンのオーディションはほとんど行われておらず、子弟関係から独立したり、自分で事務所などに売り込みを行ったりというやり方が多いです。この世界は演奏能力はもちろんですが、人脈も非常に大切になります。

スタジオミュージシャンに必要なこと

<演奏能力>
スタジオミュージシャンは個性的な演奏をするのではなく、要求される演奏をきちんとこなすことが基本です。その中で、自分ならではのリズム感や音作りなど個性を求められる場合もありますが、あくまでもメインのミュージシャンをサポートする存在です。

どんなジャンルでも演奏できる人は、スタジオミュージシャンとして重宝されることが多いです。

<楽譜が読める、アドリブにも強い>
その場で譜面を渡されても、すぐに演奏できる「初見演奏」ができければなりません。また、「キー」や「テンポ」などの変更にも、即座に対応できることが大切です。言われた演奏をきちんとこなすだけでなく、応用力も必要になります。

<コミュニケーション能力>
スタジオミュージシャンの場合、初対面のミュージシャンたちと一緒に仕事をする機会も多くあります。良い演奏のためには、コミュニケーションが欠かせません。人と打ち解けるのが早いことも重要な要素です。

スタジオミュージシャンの収入

スタジオミュージシャンは、時給制で働くことが多いと言われています。最初は1時間あたり1万円弱程度で、知名度が高いほど、時給もアップします。