モデルの募集状況は? どこで情報収集すればいい?

体験モニター募集中! キャリアの悩みを解決する相談サービス「グッザー」とは

モデルの求人の状況

モデルの募集は一年を通じて行われています。

事務所やエージェンシーによってはいつでも応募を受け付けていますが、雑誌などのコンテストやオーディションは年に一回開催されることが多いようです。

モデルの求人の募集形態としては、大きく分けると、モデルの仕事を本業としてやっていく「プロのモデル」の求人と、学生やOLをしながらときどき雑誌の誌面に登場する素人の「読者モデル」の求人の2種類があります。

「読者モデル」としてスタートした人が、人気が出たためにプロのモデルへとステップアップしていくケースも多いため、まずは「読者モデル」になることを目指す選択をする人もたくさんいます。

モデルの志望者は多く狭き門

モデルという存在は華やかに見えることもあり、いつの時代も若者にとって憧れの職業のひとつであることは間違いありません。

とくに10代や20代の女性の志望者は多く、採用数に対して応募数が圧倒的に多い状況が続いています。

しかし、どれだけモデルになりたいと思っても、活躍のチャンスを掴み取れるのは一握りの人だけです。

また、モデルとしての人気や知名度を高め、仕事を続けていくのも大変なことです。

多くの人がモデルになるために努力をし、つねに厳しい競争が繰り広げられている世界だということは覚悟したほうがよいでしょう。

インターネットで広がる活躍の場

昔はモデルの活躍の場というと雑誌やカタログなどの誌面か、テレビのコマーシャルなどの放送、あるいはファッションショーなどの展示会というのが一般的でした。

しかし、インターネットの普及とともに通販サイトやオンライン限定のコマーシャルなどが広がってきたことから、モデルの活躍の場も徐々に広がりを見せています。

モデル志望者にとってはチャンスが広がっていると考えることができるでしょう。

モデルになるにはどこで情報収集すればいい?

モデルになるためには、一般的にはオーディションを受けて事務所に所属したり、専属モデルとしてオーディションに合格したりすることが必要です。

こうしたオーディションの情報は、インターネット上で手に入れることができます。

各モデル事務所やエージェンシーは、所属モデルの募集を不定期で行っているほか、企業がイメージキャラクターとなるモデルを募集したり、雑誌が専属モデルを募集したりするなどさまざまなオーディションがあります。

インターネット上には、こうしたオーディションの情報を広く集めているサイトもありますし、オーディション雑誌や芸能系の雑誌でも情報を得ることができます。

モデルになりたいと思っている人は、自分で情報をこまめにチェックし、モデル事務所の求人情報やオーディション情報などを入手してチャンスを逃がさないようにすることが大切です。

ただし、オーディションのなかには「オーディション商法」と呼ばれる詐欺や悪徳商法が紛れている可能性もあるため、しっかりと見極めることも重要です。