モデルの給料・収入はいくら? 専属モデル、ファッションモデルの年収は?



美しさやスタイルで多くの人々を魅了するのがモデルの仕事です。

そのはなやかな世界の魅力のひとつに、高額な給料があります。

一部の人気モデルには高額な給料が支払われる一方で、新人時代は低収入で激しい競争を勝ち抜かなくてはなりません。

ここでは、モデルの給料や年収について、高額な報酬を手にするにはどうすればよいかをご紹介します。



モデルの平均年収・給料の統計データ

モデルの平均年収・月収・ボーナス

モデルの給料や年収に関しては、正確な統計データが出ているわけではありません。

ひとくちにモデルといっても、海外の有名ファッションショーでも活躍しているようなプロのモデルから、ファッション雑誌の読者モデル、インターネットの通販サイトに出ているモデルなどさまざまあります。

経験や仕事内容によって大きな幅があるため、ひとくくりにして平均の年収を計算するのは難しい実情があります。

モデルの手取りの平均月収・年収・ボーナスは

モデルの仕事は、あくまでも出来高制であり、人気の高さや引き受けた仕事の内容によって収入が決まるのが一般的です。

事務所に所属しているだけで固定給の月給がもらえたり、生活が保障されているというようなことはまずないと思っていたほうがよいでしょう。

モデルの給料は、個人によって月収は数十万円から数百万円程度までと幅がありますが、生計を立てられない人も大勢います。

モデルの初任給はどれくらい?

一般的なモデルの場合には、一回の撮影料が数千円から数万円が相場で、読者モデルからスタートする場合は、さらに安くなることがほとんどです。

パリコレに立つようなトップモデルであっても、新人ではようやくモデルとして食べていけるような人も多くいます。

モデルの福利厚生の特徴は?

モデルとして事務所に所属する場合は、社員と同様の福利厚生を受けられたり、スケジュールや金銭面を管理してくれたりすることもあります。

ただしフリーランスの場合は、こうした福利厚生は得られません。

20代で正社員への就職・転職

20代で正社員への就職を目指す(PR)

「Re就活エージェント」は、第二新卒・既卒・フリーター・ニート向けサービス。20代未経験OKの求人が多数。

20代登録比率No.1

モデルの給料・年収の特徴

副業やアルバイトをする人も

モデルの仕事のみで満足いく収入を得て、生活できている人は決して多くありません。

新人モデルの場合は、副業として飲食店やアパレルなどでアルバイトをしながら生活費を工面することもあります。

とくに若い新人モデルは、オーディションを受けながら活躍のチャンスを掴むために努力している人も多く、アルバイトの合間にモデル活動をすることになります。

一見、華やかなように見えるモデルたちですが、裏では厳しい生活をしている人も少なくありません。

収入の保証がない

モデルは仕事の保障がまったくない世界でもあります。

人気が落ちてくれば仕事は激減し、そうなると手取りの額も一気に減ってしまいます。

とくにファッションモデルの場合は、年齢を重ねるとどうしてもブランドイメージにそぐわなくなってしまうことが多いため、これまでできていた仕事ができなくなったり、仕事が減ってしまうことがあります。

つねに収入や貯金のバランスを考えながら新しい仕事を確保していくことが大切です。

1回の撮影料はどのくらい?

撮影の内容にもよりますが、中堅の雑誌モデルの場合、1回の撮影につき2~3万円程度となることが多いようです。

雑誌のメインとなるモデルや経験の豊富なモデルになると、さらにアップして5~10万円くらいになることもあるようです。

なお、アマチュアモデルでカメラマンを利用した撮影会を開く場合、平均的には1時間あたり1万円くらいとなることが多いようです。

モデルの種類別の年収

雑誌の専属モデルの場合

専属モデルの場合は、雑誌の出版社と専属契約を結ぶので、安定した給料を得ることができます。

女優として活躍したり、CMに出たりなどして活躍している人の場合は、契約の際に数百万円単位でお金が動き、1回の撮影で何十万円も稼ぐという人も少なくありません。

一方、一般的なモデルの場合には一回の撮影料が数千円から数万円が相場のようです。

ファッションモデルの場合

仕事は一本数千円から数千万円までと大きな差があります。

人気や実力があればそれだけ大きな仕事を受けることができ、高い報酬を得ることができますが、モデル事務所に所属するだけでは給料がもらえることはほとんどありません。

ファッションモデルとして生計を立てられるようになる人は一握りで、厳しい世界と言えます。

パリコレモデルの場合

パリコレに出るような一流モデルは、オーディションで合格した場合と、ファッションブランドからオファーがありキャスティングされた場合で大きく異なります。

複数のファッションブランドから声がかかるようなトップモデルであれば、一回のショーで100万円単位のギャランティが支払われることも珍しくありません。

読者モデルの場合

読者モデルは一般人でありながらモデルの仕事をしている人のことで、主に学生や会社員などをしながらモデルとしても活動しています。

読者モデルの場合、一回の撮影でもらえる給料は5,000円〜1万円程度といわれており、撮影の回数にもよりますが、平均の月収は数万円程度です。

読者モデルの仕事のみで生活していくのはむずかしいでしょう。

ただし読者モデルの経験年数が増えたり人気が出てきたりすれば、一回の撮影でもらえるギャラも増えるようになります。

より多くの年収を貰えるようになるには、読者モデルから専属モデルやタレントにキャリアアップしていく必要があるでしょう。

プロコーチとキャリアに向き合う(PR)

キャリアに対して悩んでいるビジネスパーソンに対して、ZaPASSのビジネス経験豊富なコーチが伴走支援するキャリアコーチングサービスです。日々の内省習慣化や目標を立てた後の行動習慣化までコミット!

いまなら体験コーチング無料!

女性モデルと男性モデルで年収に違いはある?

一般的に、女性モデルと男性モデルの年収には違いがあり、女性モデルの方が男性モデルよりも高い収入を得られる場合が多いとされています。

これは、女性向けファッションやコスメなどの商品が、男性向け商品よりも需要が高いためです。

また、女性ファッション誌やウェブサイトなどの広告に起用されることが多いため、女性モデルの需要が高いという理由もあります。

ただし、男性向けファッションブランドの広告に起用される場合や、特定の有名ブランドのモデルとして起用される場合などは、男性モデルでも多くの収入を得られます。

また男女ともに、有名ブランドのランウェイや広告に起用されるなど経験が豊富であったり、海外でも活躍している場合は、高い収入を得られる傾向があります。

モデルの年収には、経験や実績、知名度、活躍の場などによっても大きな違いが出るため、性別による需要の差はありつつも、どちらかというと個人の経験や実績によって変動することが多いです。

関連職種との年収比較

モデルに限らず、芸能人やタレント、アイドルなどの年収は、人によって大きく異なるというのが実情です。

華やかに見えて非常に厳しい業界であり、安定した収入を得るためには運と実力が欠かせません。

厳しい世界ではありますが、現在活躍している多くのモデルのなかには、鳴かず飛ばずの苦しい時期を乗り越えて花開いた人は非常に多いです。

モデルは年収1000万円を目指せる?

モデルは年収1000万円を目指すことができます。

ただし達成できるかどうかは、経験や人気などによって異なります。

とくに有名ブランドや企業の広告やランウェイに出演したり、雑誌の表紙を飾ったりするなど、多くの仕事をこなすようなモデルになれば、年収1000万円を達成することは十分可能です。

また、モデルはモデル業だけでなく芸能活動も行うことが多いため、こうした芸能活動の収入も加えると年収1000万円を超える人は少なくありません。

ただし、競合が激しい業界であり、常に新しいモデルが登場するため、常に需要があるわけではありません。

自己研鑽を忘れず、モデルとしての地位を高め、需要の高いモデルとして活躍することができれば、年収1000万円を達成するのは夢ではありません。

モデルが収入を上げるためには?

モデル以外の活躍をする

モデルとしての撮影の仕事だけではどうしても収入が頭打ちになります。

ブログのアクセス数によって稼ぐ広告料や、CM出演やドラマ・映画、ラジオ・TV番組出演などのさまざまな仕事をこなして活躍の場を広げることで、より収入をアップさせることができます。

大きな仕事を得る

大手企業のテレビCMやキャンペーンキャラクターに選ばれた場合は契約料が高額になるため、こういった仕事を引き受けることで年収が一気に跳ね上がります。

こうした仕事を得るには、普段から仕事を誠実にこなしていくことや、ファンを増やすこと、オーディションで仕事を勝ち取ることなど努力の積み重ねが必要です。

モデルの年収・給料のまとめ

モデルの年収や給料は、モデルの経験、実績、年齢などによって大きく異なります。

有名ブランドのランウェイショーに出演する場合や、雑誌の表紙を飾る場合などは高額な報酬が支払われることが多く、人気が出れば年収1000万円以上稼ぐことも可能です。

一方で、新人や読者モデルのうちは年収が低く、仕事を掛け持ちするなど努力しながらモデルを続けている人は大勢います。