モデルの給料・年収

モデルの平均年収・給料の統計データ

モデルの給料や年収に関しては、正確な統計データが出ているわけではありません。

ひとくちにモデルといっても、海外の有名ファッションショーでも活躍しているようなプロのモデルから、ファッション雑誌の読者モデル、インターネットの通販サイトに出ているモデルなど、立場や仕事内容に大きな幅があるため、ひとくくりにして平均の年収を計算するのは難しい実情があります。

モデルの平均年収・月収・ボーナス

求人サービス各社の統計データ

職業・出典 平均年収 年収詳細
アナウンサー俳優・モデル
(転職会議)
522万円 20代前半:210万円
20代後半:290万円
30代:380万円
40代以上:2500万円
モデル
(給料バンク)
130万円~165万円 20代の給料:10万円
30代の給料:10万円
40代の給料:10万円
初任給:1~万円
読者モデル
(給料バンク)
70万円~85万円 20代の給料:5万円
30代の給料:5万円
40代の給料:5万円
初任給:1万円
モデル
(Indeed)
610万円 時給 1,469円
日給 9,981万円
月給 29.6万円

各社のデータより、モデルの年収は100〜550万円の間となる実態が見えてきます。

モデルの手取りの平均月収・年収・ボーナスは

モデルの仕事は、あくまでも出来高制であり、人気の高さや引き受けた仕事の内容によって報酬が決まるのが一般的です。

事務所に所属しているだけで固定給の月給がもらえたり、生活が保障されているというようなことはまずないと思っていたほうがよいでしょう。

モデルの給料は、個人によって月収は数十万円から数百万円程度までと幅がありますが、生計を立てられない人も大勢います。

モデルの初任給はどれくらい?

一般的なモデルの場合には、一回の撮影料が数千円から数万円が相場で、読者モデルからスタートする場合は、さらに安くなることがほとんどです。

パリコレに立つようなトップモデルであっても、新人ではようやくモデルとして食べていけるような人も多くいます。

モデルの福利厚生の特徴は?

モデルとして事務所に所属する場合は、社員と同様の福利厚生を受けられたりしっかりとスケジュール夜勤洗面を管理してくれたりすることもあります。

ただしフリーランスの場合はこうした福利厚生は望めません。

モデルの給料・年収の特徴

副業やアルバイトをする人も

モデルの仕事のみで満足いく収入を得て生活できている人は決して多くありません。

新人モデルの場合は、副業として飲食店や洋服店などでアルバイトをしながら生活費を工面することもあります。

とくに若い新人モデルは、オーディションを受けながら活躍のチャンスを掴むために努力している人も多く、アルバイトの合間にモデル活動をすることになります。

一見、華やかなように見えるモデルたちですが、裏では厳しい生活をしている人も少なくありません。

収入の保証がない

モデルは仕事の保障がまったくない世界でもあります。

人気が落ちてくれば仕事は激減し、そうなると手取りの額も一気に減ってしまいます。

とくにファッションモデルの場合は、年齢を重ねるとどうしてもブランドイメージにそぐわなくなってしまうことが多いため、つねに収入や貯金のバランスを考えながら新しい仕事を確保していくことが大切です。

モデルの種類別の年収

雑誌モデルの場合

専属モデルの場合は、雑誌の出版社と専属契約を結ぶので、安定した給料を得ることができます。

女優として活躍したり、CMに出たりなどして活躍している人の場合は、契約の際に数百万円単位でお金が動き、1回の撮影で何十万円も稼ぐという人も少なくありません。

一方、一般的なモデルの場合には一回の撮影料が数千円から数万円が相場のようです。

ファッションモデルの場合

仕事は一本数千円から数千万円までと大きな差があります。

人気や実力があればそれだけ大きな仕事を受けることができ、高い報酬を得ることができますが、モデル事務所に所属するだけでは給料がもらえることはほとんどありません。

ファッションモデルとして生計を立てられるようになる人は一握りで、厳しい世界と言えます。

パリコレモデルの場合

パリコレに出るような一流モデルは、オーディションで合格した場合と、ファッションブランドからオファーがありキャスティングされた場合で大きく異なります。

複数のファッションブランドから声がかかるようなトップモデルであれば、一回のショーで100万円単位のギャランティが支払われることも珍しくありません。

モデルが収入を上げるためには?

モデル以外の活躍をする

モデルとしての撮影の仕事だけではどうしても収入が頭打ちになります。

ブログのアクセス数によって稼ぐ広告料や、テレビ番組への出演料などさまざまな仕事をこなして活躍の場を広げることで、より収入をアップさせることができます。

大きな仕事を得る

大手企業のテレビコマーシャルやキャンペーンキャラクターに選ばれた場合は契約料が高額になるため、こういった仕事を引き受けることで年収が一気に跳ね上がります。

こうした仕事を得るには、普段から仕事を誠実にこなしていくことや、ファンを増やすこと、オーディションで仕事を勝ち取ることなど努力の積み重ねが必要です。