モデルの需要・現状と将来性

モデルの現状

現在はSNSが普及し、口コミなどから火が付いて人気が出るモデルも増えてきています。

また「ぽっちゃりモデル」など、これまではモデルになれなかった人たちもモデルとして活躍し始め、モデルのあり方は多様化してきています。

ただし、モデルは容姿が重要な仕事のため、どうしてもある程度の年齢に達するとタレントや俳優・女優となったり、ファッションブランドやコスメをプロデュースしたりと、モデル以外の仕事を模索する人が増えてきます。

今後は高齢化に伴い年齢を重ねてもモデルとして活躍する人も増えてくると考えられますが、モデルだけで生活していくのは難しく、現役の内からキャリアを考えていかねばならないでしょう。

モデルの需要

かつてはモデルの仕事というと、ファッション誌やヘアカタログなどの雑誌やテレビのCM、展示会やファッションショーでの露出がメインでした。

しかし近年はインターネットが広く普及したことで、インターネット通販のサイトのモデル、インターネット動画サイトでのモデルなど、オンライン上での広告で多くのモデルが活躍し、モデルとして活躍する人の数も増えてきています。

こうした時代の変化によって、モデルの仕事自体は増える傾向にあるようです。

ただし、閲覧数がそれほど見込めない広告では報酬が少ないことも多いので、仕事を受ける際には十分な見極めが必要です。

モデルの将来性

近年、芸能界で活躍する俳優やタレントにもモデル出身者が増えてきています。

もともと多くのモデルはルックスが良く、撮影で身につけた度胸をベースに演技力や表現力などを磨くことで、さまざまな分野で成功を収めることができるのです。

今後もこのようにモデル出身者が多方面で活躍する流れは継続すると期待でき、いずれは俳優やタレントをめざしたいという人にとっても、モデルを最初の入り口にするというのは有効な手段と考えられます。

モデルの今後の活躍の場

セルフプロモーションがカギ

見た目がきれい・かわいい・かっこいいだけでモデルになれる時代は終わろうとしています。

これまではテレビなどのメディアや雑誌などではスタイルの良いモデルをお手本としてきましたが、SNSの普及により、スタイルや着こなしだけでなくモデルの生き方やライフスタイルそのものに惹かれるという人たちが増えてきています。

近年ではオーディションの書類審査にSNSのフォロワー数を記載させるところも増えてきており、モデルとしてどれだけセルフプロモーションを行い、多くの人に影響を与えられるかが重要なポイントとなってきています。

モデルのあり方にも変化が

近年、ファッションモデル界では、モデルの健康が大きな社会問題となっています。

過度なダイエットにより痩せすぎて健康を害してしまうモデルが増えたことが原因で、ファッションブランドでは痩せすぎたモデルを使用しないというところも増えてきています。

これまでは高身長で細身のモデルが当たり前でしたが、今後はモデルのあり方にも変化が訪れるかもしれません、