モデルの仕事内容

モデルの仕事とは

モデルは、企業の商品の広告塔として活躍する職業です。

モデルが活躍できる場は多岐にわたり、ファッションやヘアメイクの雑誌・CM・ショーなどで、実際に商品を身につけてその魅力をアピールします。

ひとくちにモデルといっても、活躍の仕方はさまざまです。

海外の有名ブランドのファッションショーに出演しているようなプロのモデルもいれば、「手」や「足」など、体の一部分を魅せる「パーツモデル」もいますし、美術家が絵画を描くときにポーズをとる「絵画モデル」もいます。

また、近年では学生や会社員として働きながら雑誌などの撮影に参加する「読者モデル」といわれる人たちも増えてきています。

モデルの業務の内容

企業は自社商品を消費者に広く知らせるため、その商品イメージに合ったモデルに仕事を依頼し、効果的な伝え方ができるようにデザイナーやカメラマンなどと相談しながら世界観を作り上げていきます。

そのなかで、モデルは商品を実際に身に付けたり使用したりして、商品のよさをアピールしていきます。

モデルにとっては、自身の人気や知名度が大きく仕事量や業務内容を左右するため、多くのモデルは個性を磨いたり、SNSなどで積極的に情報発信をしたりしてファンを獲得しようとしています。

モデルの役割

モデルの役割は、企業の広告塔となり商品を宣伝することです。

クライアントから依頼された仕事をこなしていくことはもちろんですが、近年ではインターネットの広まりによって、モデルは雑誌やメディア以外でも情報発信をするのが一般的になりつつあります。

個人のブログやSNSなどを使って、自分の担当した仕事を広く宣伝することでファンの獲得につなげ、より商品をアピールすることも大きな仕事です。

また、私服やお気に入りの化粧品、ダイエットの方法や食事内容などを公開するなどさまざまな情報発信によって、世間に広く自分のことをアピールするのも大事な営業活動となります。

モデルの勤務先の種類

モデルは、会社員として特定の会社に就職し仕事をするわけではありません。

モデル事務所やエージェンシーなどに登録し、事務所を経由してクライアントから案件をもらうのが一般的なスタイルですが、あくまでも個人事業主として活動をするため、お給料は出来高制で、いわゆるギャランティをもらって生活することになります。

モデルの仕事の流れ

モデルの仕事は、オーディションを受けることから始まります。

商品によって「スタイリッシュなデザインのブランドなので、細身で長身のモデルが欲しい」「繊細なジュエリーなので、柔らかい雰囲気のモデルが欲しい」「ティーン向けのカタログなので高校生のモデルが欲しい」など、クライアントやデザイナーはイメージを細かく設定します。

そのイメージに合うかどうか、オーディションによって判断します。

オーディションに合格したら、いよいよ撮影です。

場合によっては撮影までの間に衣装合わせやメイクのリハーサルなどを行うこともありますし、当日いきなり商品を身につけることもあります。

撮影にはデザイナーやスタイリスト、カメラマン、メイクアップアーティスト、雑誌の編集者などたくさんの人が立ち会います。

撮影した写真はその場でチェックをし、OKが出れば無事に撮影終了となります。

モデルと関連した職業

モデルとパーツモデルの違い

パーツモデルとはモデルの一種であり、身体の一部分(手・脚・目など)をアピールする仕事をしている人のことをいいます。

たとえば、指輪のカタログでは美しい手を撮影するために手のパーツモデルが、靴の広告では脚が長くスタイルがよく見えるパーツモデルが活躍できます。

パーツモデルの場合、モデルとは異なり、全身のバランスや美貌は求められませんが、その分身体の一部分については特別な美しさが必要になります。

日頃から肌の乾燥に気を付けて手入れをしたり、体形維持にも注意したりしなくてはならないという点では、一般的なモデルと同様だといえるでしょう。

モデルと俳優・女優の違い

俳優・女優は、テレビ・映画・舞台・雑誌などに出演し、キャラクター(役柄)を演じる仕事です。

一人だけで演じることは少なく、他の多くの共演者やスタッフたちと協力し合いながら、ひとつの作品を作り上げていきます。

近年では俳優や女優がモデルとして活躍したり、逆にモデルが俳優や女優として活躍することもあり二つの職業の垣根は低くなってきていますが、厳密には演技を本業にしている人が俳優や女優、広告の仕事をメインにしているのがモデルと呼ばれています。

俳優・女優の仕事