モデルのつらいこと・大変なこと・苦労

モデルのつらいこと・大変なこと

実力主義の世界

モデルの仕事は、そのほとんどが、自らを積極的に売り込んで評価されることで初めて任されるようになるものです。

オーディションを受けたり、プロデューサーやデザイナーのもとへ挨拶周りをしたり、パーティーなどで人脈を広げたりして、常にアンテナを張りながら積極的に動かなければ、いつまでたっても仕事にありつくことはできません。

ときには数ヶ月の間、全く仕事がこないということもあります。

周りのモデル仲間がどんどん撮影に出かけているのをみると精神的に追い詰められることもあるでしょう。

それでも、自分を信じて売り込み続けなければ、モデルとしての道はそこで閉ざされてしまいます。厳しい実力主義の世界だけに、モデルは精神的に強くあることが求められるのです。

厳しいオーディション

モデルは新たなチャンスを掴むためにオーディションに挑戦することが欠かせません。

たとえモデル事務所に所属していても、よほどの売れっ子モデルでもない限り、大きな仕事が勝手に次々と舞い込んでくるわけではありません。

ファッションブランドのイメージモデルになるためのオーディションや、CMに出演するためのオーディションを受けるなどをして積極的に自分を売り込んでいかなければ、トップモデルとして活躍することはできないのです。

クライアント側も自社の商品を宣伝するためにモデルを見る目は非常に厳しく、実際にどれだけオーディションを受けても受からず、自信を無くしてしまうという人も多いようです。

待っていても仕事は来ない

一般的な企業に就職して働く場合、仕事は次から次へとやってきますが、ただ待っているだけではチャンスを掴めないのが、モデルの大変なところです。

モデルはいつも自分磨きをしながら情報収集をし、挑戦してみたい仕事には全力でぶつかっていかなければ、仕事を得ることができません。

健康管理や美容に気を遣わなくてはならず、ストイックに生活しなくてはならない一面もあるため、辛抱強く努力し続けることができる人でなければ、この業界で成功を収めるのは難しいでしょう。

モデルの悩み

モデルにとってなによりも大変なのは、美しい見た目を維持するための自己管理です。

たとえば、体重の管理は絶対に欠かせません。

少しでも太ってしまえば予定していた服を着ることができなくなりますし、プロデューサーやデザイナーのイメージ通りに服を着こなせなくなってしまいます。

モデルは体型を維持するためには、徹底した食事制限を行ったり、毎日運動をしたりして、人知れず体型を維持するための努力をしなければなりません。

また、肌の管理も大変です。

撮影において、肌の美しさというのは重要な要素です。

特に化粧品のモデルやヘアメイクのモデルの場合は、顔のアップでの撮影になるため、肌が荒れているとごまかしがきかなくなることがあります。

食事や睡眠、身体のケアを日々行い、体型や肌の状態を完璧に管理できて初めて、プロのモデルとして扱われるようになるため、ストイックに努力することができなければモデルの仕事は難しいでしょう。

モデルを辞める理由で多いものは?

モデルを辞める理由で多いものは、モデルとしては生活できない、モデルとして大きな仕事ができないなど道半ばであきらめてしまうケースです。

モデルという仕事は限られたごく一部の人しかなることができないため、夢をあきらめなくてはならないという人も多いのが現実です。

また、女性モデルの場合は結婚や出産によってモデルを辞め、主婦タレントやママタレントとして活躍する人も少なくありません。