モデルの志望動機と例文・オーディションで気をつけるべきことは?

体験モニター募集中! キャリアの悩みを解決する相談サービス「グッザー」とは

モデルを目指すきっかけで多いものは?

モデルをはじめとした芸能界で働く人はとても華やかに見える職業であり、とくに10代や20代の女性は憧れる人が多い職業のひとつです。

「子どものころから洋服が好きだからファッションモデルになりたい」「美容に関心があるからヘアメイクのモデルになりたい」というような志望動機が多いようですが、ミーハーな気持ちでモデルになりたいという人もたくさんいるのは事実です。

そのため、志望動機を考える際は自分がこの業界を本気でめざしているということをPRして他の応募者との差異化を図ることが大切になります。

モデルの志望動機の考え方

具体的なエピソードをプラスする

モデルになるためのオーディションで志望動機を述べる場合、自分がどれぐらいその分野に興味があるのか、より説得力のある志望動機にしましょう。

たとえば、「ファッションの雑誌は毎月必ず買って見比べている」「一ヵ月着まわせる着こなし術を持っている」「化粧品の新作は必ず試すようにしている」というような具体的なエピソードを持っていることが大切です。

将来の展望を考える

将来の展望に関しても「必ずパリコレクションに出たい」「好きなブランドの専属モデルになりたい」など、モデルとしてどんな活躍をめざしているのか具体的な夢を語れることが大切です。

最近では、モデルとしてデビューした後に演技力を身につけて俳優に転身したり、親しみやすいキャラクターを生かしてタレントに転身したりするケースも増えています。

将来的にはこのようにマルチに活躍したいという思いを語るという選択肢もあります。

いずれにしても、モデルは「待っていたら仕事が来る」ような甘い世界ではありません。

高い目標を掲げて積極的にチャレンジしていけるかどうかが成功の分かれ目となるため、志望動機では自分の熱意をしっかりと伝えてアピールにつなげましょう。

モデルの志望動機の例文×3

雑誌のオーディションに応募する際の志望動機

  
「私がこの雑誌専属モデルのオーディションを受けたのは、私が夢見たモデルという仕事に一歩近づけると考えたからです。

私は現在着こなしの画像を多く発信し、SNSで〇千人のフォロワーを集めていますが、多くのファンに支持されるだけでなく、親しみやすさを持ったモデルになりたいと考えています。

この雑誌はプチプラのブランドなど多くの人が手に取りやすいファッションが多く、より多くの人に自分を知ってもらえ、自分のこれまでの経験も生かせると思いました。

モデルとして経験を積み、将来はよりステップアップしていきたいと思っています。」

モデル事務所のオーディションを受ける際の志望動機

「私が御社のオーディションを受けたのは、憧れの○○さんが所属しているからです。

幼いころ、アパレルブランドで勤めていた両親に連れられて行ったショーで、きらきらと輝く○○さんが私に向かって手を振ってくれたことを忘れられません。

それからいつか私もランウェイを歩き、○○さんと同じように世界で活躍したいと思うようになりました。

もし所属することができたならレッスンに励み、一歩でも夢に近づけるように努力し、ファンだけでなく、クライアントやスタッフから信頼されるような魅力あるモデルになりたいです。」

ショーモデルのオーディションを受ける際の志望動機

「私はもともと長身にコンプレックスがありましたが、学生時代友人が作る衣装のモデルをしたところ、「生き生きして見える」「長身で衣装が映える」と言われ、それ以来長身を生かす仕事をしたいと考えてきました。

今回のファッションショーでは、長身のモデルを募集していると聞き、ぜひ私の身長を生かして衣装のアピールをしたいと考えました。

本格的なショーは初めてですが、これまでのレッスンの成果を存分に発揮できるよう頑張ります。」

モデルのオーディションで聞かれること・注意点

オーディションの内容

オーディションでは書類審査や面接試験に加えて、簡単なウォーキングやポージングなどの実技試験を行う場合もあります。

オーディションは年齢やキャリアに関係なく、企業側のイメージに合う人や個性が光っている人が選ばれることになります。

厳しい実力主義の側面がある一方で、チャンスを掴めれば一気に大きな仕事を手に入れることができるメリットもあります。

そのため、オーディションはモデルが活躍するために、欠かすことのできない大切なきっかけになっています。

面接ではコミュニケーション能力も重視される

モデルは想像以上にコミュニケーション能力が必要な職業です。

撮影の場ではたくさんの職業の人と関わることになります。

衣装のデザイナーやスタイリスト、メイクアップアーティスト、カメラマン、雑誌の編集者など、それぞれの立場の人に「こういう雰囲気に仕上げたい」というイメージがあり、そのイメージを正確に汲み取って表現につなげていくのがモデルの役割です。

ときにはモデルのほうから「もっとこうしたほうがよいのでは?」という提案をすることもありますし、自分自身が提案したアイデアによって現場がより活気付く場合もあります。

こうしたことから、モデルの面接では、コミュニケーション能力が高い人物かどうかがしっかりチェックされ、質問に対して的確な答えができるか、自分の考えを簡潔に表現できるかなどが評価ポイントになります。

モデルの自己PRのポイント

オーディション合格を左右する自己PR

オーディションでは、書類選考や面接試験などが実施されますが、そこで重要になるのが「自己PR」です。

自己PRは、履歴書に記載を求められることもあれば、面接の際に口頭で伝えることもあります。

モデル志望者は非常に多いため、厳しい争いを勝ち抜いて合格するためには、自己PRの内容はしっかりと練っておくことが大切です。

モデルの自己PRの考え方

自己PRというと難しく考えてしまいがちですが、ここでポイントになるのは「自分がどのような人物であるのか」を伝えることです。

オーディションの担当者は志望者と初対面であることがほとんどであるため、その人の性格や個性を知りません。

そんな人に向かって、いったい何を伝えれば自分の魅力や強みがよく伝わるのかを考えていくことが重要です。

たとえば、これまで打ち込んできたことや強く興味を持っていること、人よりも得意だと自信のあることについて考え、それを自己PRの内容にするとよいでしょう。

自分では「こんな内容では自己PRにならない」と思っていても、それをきちんと自分の言葉でまとめ、情熱をもって伝えようとすれば、個性は相手に伝わるものです。

どのような活躍をしたいのか

自己PRを考える際には、自分の特徴をわかりやすく伝えると同時に、これからモデルになってどのように頑張っていきたいのかまで踏み込んでいくとよいでしょう。

モデルとしてどのような活動をしたいかということまで伝えれば、よりモデルの仕事に対する前向きさが伝わるようになります。