脚本家になるには

脚本家になるために必要な学歴や資格はなく、決まったルートもありませんが、ここでは脚本家になるための方法をいくつかご紹介します。

1.シナリオスクールに通う

脚本家を目指す人はシナリオスクールに通うのが一般的です。シナリオスクールでは脚本の基礎技術を学ぶことができますし、自分の脚本を評価してもらうこともできます。

脚本に関するスクールも今ではさまざまな所であります。カルチャーセンターや大学の講義などでも開講しているところもあり、本人にやる気があれば見つけ出せます。

ただし現状ではどうしても大阪や東京など都会に集中している所があり、地方在住者には探しづらい点があるかもしれません。

スクールの講師のなかには、現役の脚本家や出版社やテレビ関係者も多く、就職の手段としてツテが確立されている所もあります。

マスコミ関係者とのコネクションをつくるきっかけを得ることができるのもスクールのメリットです。

そこで脚本が書けると認められて推薦されたり、学校内コンペで入賞したり、実力で引き抜かれたり、自分から売り込みに成功したりすれば仕事ができる可能性も開けてきます。

2.公募・コンクール

現在ではさまざまな媒体でシナリオコンクールや公募が載せられています。

脚本も例外でなく、ラジオドラマからテレビ局が主催するものなど高額の賞金がついたコンクールも多いです。

そういったものに入賞したり、審査委員や関係者の目に留まると声がかかったり、そこから仕事を依頼されるケースもあります。

まずは深夜ドラマなどを担当し、実績がついた後に、長時間ドラマや連続ドラマを任されるようになることが多いようです。

また、脚本だけに限定せず、創作関係のコンクールから脚本の仕事にもシフトできることもあります。

優れた脚本の書き手は雇う側も探していますから、公募は「書ける」とアピールしたり、きちんと作品を評価してもらえる絶好の場です。

公募専用の雑誌やインターネットのサイトもあるので、そういったものをフルに使って情報を得ていくのが良いでしょう。

3.関係した仕事で働く・叩き上げ

プロの脚本家や監督は一人で撮影を仕上げるわけではありません。

カメラマン、スタントマン、道具係、メイキャップ、プロデューサー、雑用の係などさまざまな人の協力でなりたっています。

テレビ制作会社などに就職して仕事をしていけばその業界に関わっていけますし、近いところで働いていればツテなどもできていきます。

そこから徐々に自分の名前を覚えてもらったり、売り込みをかけたりなどといったこともできるようになります。

昔は実際に脚本家や映画監督に弟子入りし、側で雑用から何まで手伝いをしながら丁稚奉公のような形で仕事を教わるということもあったそうです。

脚本家に求められる能力

人に対する興味

脚本家は人の心に訴えかけるものをつくらなければなりません。

そのため、文章力があるだけではなく、感受性が豊かで、人に対して好奇心が強いタイプが向いているといえます。

想像力

実際にさまざまな人生経験があると、いい脚本が書けるようになるといわれています。

特殊な経験がなくても、日頃から映画やドラマを見たり、本を読み、感性を磨き、日常生活から物語をつくるような想像力を養うことが必要です。

責任感

締め切りに追われることが多い仕事であるため、責任感が強く、徹夜も厭わない熱心さが必要になります。

脚本家の今後の見通し

脚本家は、知名度のある人に仕事が集まる傾向があるため、仕事を得ることは容易ではありません。

しかし、テレビの多チャンネル化が進み、インターネットでのオリジナルドラマの配信なども増え、脚本家が活躍できるチャンスは増えてきています。