脚本家の学校・スクール・通信講座

学校やスクールには通うべき?

脚本家というものは必ずしも学校やスクールに通わなければならないというわけでもありません。

自分一人でできることでもあり、コンクールなどで注目されてからデビューする、テレビの制作会社や映画会社に就職して脚本家への道を探るという手もあります。

しかしながら、脚本家になる学校やスクールも一つの手段として有効です。

まず第一にプロの本物の脚本家が講師を務めていることが多いので、実践的で役に立つ技術を直接的に学べます。また、わからない部分があっても納得することまで聞くことができます。

身近に脚本家を目指している人間がいないという状態でも、学校に通えば夢を同じくする仲間が大勢できますし、さまざまなつながりもできてきます。

仕事を紹介してもらえることも

学校とテレビ局や映画関係者との間につながりがあり、仕事を紹介してくれるような学校もあります。

また、スクール内で賞金がついたコンペなどを定期的に行い、生徒を切磋琢磨させて、才能を見出しては現場を紹介しているところもあります。

実際に今のテレビ業界で活躍している人材にはこのような専門学校出身者も増えてきているようです。

通信講座を活用する

現状のシナリオ学校などは東京などの大都市に集中しており、地方在住者は通いにくいという現実もあります。また、仕事をしているため学校にいく時間がないという人もいます。

そうした場合には、通信講座を活用するのも一つの手段です。ただし、講座によって内容はさまざまですので自分に合った講座をしっかりと探すようにしましょう。

通学、通信のいずれにしても、講師は誰か、月謝はどれくらいか、プロになれた出身者はいるのか、仕事のツテなど、さまざまな情報を収集した上で選ぶのがよいでしょう。