広報の1日

広報の生活は毎日忙しい

広報は、企業や商品・サービスの情報を正しく世の中へ広め、社会と自社の接点をつくる重要な役目を担っています。

常に会社全体の動きについて把握しておく必要があるほか、消費者やマスコミへの対応などを行うのも広報であり、日々さまざまな人と接しながら仕事を進めていきます。

毎日は変化に満ちており、朝から晩まであっという間に過ぎることもあります。

ここでは、そんな広報のある1日の過ごし方を紹介します。

社外広報として働く人のある1日

8:30 出社

パソコンを立ち上げてメールチェックをします。

9:00 部内会議

経営層や各部門のマネージャーと会議をし、事業の今後の方向性と、それに基づく広報活動の展開について検討します。

10:00 新聞・雑誌のチェック

多くの新聞・雑誌に目を通し、自社に関する記事の内容や同業他社の動向をチェックします。

11:30 マスコミ対応

マスコミから電話で取材依頼などの連絡が入れば、都度対応します。

報道陣との良好な関係づくりも大切な仕事の一部です。

13:00 昼休憩

同僚と一緒にランチへ出かけます。業務が立て込んでいる日は、仕事をしながらデスクでパンやおにぎりを食べることも。

14:00 プレスリリース作成

関連部門から集めた情報を基に、翌週配信予定のプレスリリースを作成します。

必要な情報が網羅されているか、誤字・脱字等がないかなどにまで気を配ります。

17:00 自社Webサイト更新

企業情報に変更があった際には速やかにWebサイトの情報を修正します。

日常の様子を伝えるために、積極的に自社のブログ・SNSなどを更新するのも広報の役目です。

19:00 退社

作成すべきプレスリリースが大量にある日や、トラブル発生時などは、夜遅くまで残って仕事をすることもあります。