国会議員の特権、優遇されること

国会議員の3つの特権

国会議員には、その活動が政府の不当な介入などで妨害されないよう、憲法で保障された3つの特権があります。

1つ目は「不逮捕特権」。

これは、議員は国会会期中は逮捕されないこと、また会期前に逮捕されても、議員が所属する議院が要求すれば、会期中は釈放されるというものです。

ただし、会期中でも現行犯の場合や議院の許諾があれば逮捕できます。

2つ目は「免責特権」。

この特権により、国会議員は、議院外では、議院でのスピーチ、討論、表決に関しての責任を問われません。

3つ目は「歳費などを受ける権利」。

歳費(給与)などの議員報酬は、議員活動を可能にする経済的基盤なので、国会議員は、国から歳費を受ける権利があると定められています。

議員天国? かなりの優遇

さて、国会議員は特権が与えられているだけでなく、さまざまな点で優遇されています。主な例を挙げてみましょう。

1年間の議員報酬は衆議院議員約1977万円、参議院議員約2031万円ですが、報酬のほかに公的文書の発送費や交通費などの名目で年間1200万円の文書通信交通滞在費が与えられます。

交通費については、ほぼ全線無料で乗れる「JRパス」と「航空券引換証」も支給されます。航空券引換証で、議員の地元と東京の往復航空券が最大で月4回分無料になります。

さらに、都心の一等地に立つ議員宿舎は格安家賃で借りられます。公設議員秘書3人分の人件費、年間約2500万円も国が負担します。

こうした主な議員特典を見ただけでも、国会議員がいかに優遇されているかが分かります。

たしかに、資金不足で議員活動に支障が出ないよう、国は議員を資金的に支える必要はありますが、優遇されすぎではという声もあるようです。