歌手の需要と求人・採用募集状況

スカウトやオーディションが歌手への道

誰もがなることのできる職業ではありませんが、人の心にふれる歌を届ける仕事として、需要はあります。ただ、公然と募集をしているということはあまりなく、スカウトを受ける、オーディションに合格するなどといったプロセスが必要になります。

積極的な活動が道を開く

歌手の求人といったものはないので、業界関係者の目に留まるように活動域を広げることが重要になります。

たとえば、のど自慢大会やコンテストなどに出て存在をアピールする、音楽事務所に履歴書やデモテープを送る、東京や大阪でバンド活動をしながらデビューの道を模索するなどです。

また、他にもインディーズレーベルの事務所に所属して、そこで人気と実力をつけながらメジャーデビューの声がかかるのを待つという方法もあります。

近年ではインターネットで注目を集め、テレビに出演する人もいます。

ただ、いずれにしろ、一般的な仕事と違い明確な求人があるわけではありません。

また、デビューのためには業界関係者の目に留まることが必要となります。そういった背景もあり、最初は地方で活動していても、最終的にはスカウトの目に留まりやすい東京、大阪で活動する人が大半です。

諦めずに頑張る気持ちが大切

歌手を目指す人は数多くいます。中には定職を持ちながらも土日や夜間に歌手活動をする人もいます。また、歌手活動に重きをおいてアルバイトで生計を立てながらプロの歌手を目指す人もいます。

いずれにしろ、歌手になりたい人は多く、その中で他者から抜きん出てデビューを飾るのは容易なことではありません。強い夢を持ち続け、諦めずにがんばる気持ちと、かなりの運が必要となります。