「保育ママ」制度とは?

「保育ママ」とは?

「保育ママ」という言葉を知っていますか?これは家庭福祉員のことを指します。

保育ママとは、保護者が仕事などで子どもを保育することが困難であるにもかかわらず、保育園に入園できない子を保育する仕事です。

主に3歳までの乳児を保育するし、保育者の家などで子どもの保育を行います。

各地方自治体によって保育ママ制度を発足しているところと発足していないところがあります。

都心部などでは積極的に取り入れている傾向ですが、保育ママという仕事自体がないという地域もまだたくさんあるというのが現状です。

保育ママになるには?

保育ママになるには地方公共団体から認定されなければならず、誰でもなれるという仕事ではありません。

各市区によって資格や条件は違ってきます。

条件として多いのは、保育士・幼稚園教諭・助産師・保健師・看護師など、子どもにかかわるような資格を取得している人、または保育経験の豊富な人という場合もあります。

資格を取得していない人が保育ママになる場合、各区市町村が研修を行います。研修では保育ママとして働く上で大切な専門知識などを習得して、その後認定という形になっています。

子どもを自宅で預かることから、子どもを遊ばせるためのスペースなどをきちんと整えているということも大切な条件です。

さまざまな条件があるので、興味のある人は近くの自治体に問い合わせするなどして調べてみるとよいかもしれません。

保育ママの仕組み

一人の保育ママに対し、預ることができる子どもの人数は3人までとなっています。

これは保育園でも同じで、保育士1人につき、乳児は3人までというような法律があります。保育ママと補助者がいる場合では子どもを5人まで預かれるようになっています。

保育時間や保育料は各市区町村によって異なりますが、時間は大体午後6時まで、保育料の相場は一か月あたり20,000円から25,000円ほどです。

時間外保育の場合、別に1時間500円ほどの費用が発生します。その他、雑費として請求がある地域もあります。

おむつやおしり拭き、おやつなどは保護者側が用意をするのが一般的です。中には食事を保育ママが用意するというところもありますが、ほとんどの場合が保護者側が用意をします。

保育ママになると、補助金が支払われるという地域があります。平均して70,000円から85,000円くらいではないでしょうか。この補助金は子どもを預かる施設の管理費などに当てられます。

保育ママでも、保育士でも子どもを預かるという意味では大変な仕事です。保育ママも保育士も、怪我・危険のないように気を付けて子どもを預かっています。

仕事体験談