保育園と幼稚園の違い

資格の違い

保育園と幼稚園での仕事が同じように思われていることもありますが、実際にはさまざまな面で異なります。

端的にいえば、保育園は保護者に代わって子どもの日常生活を援助する施設です。保育園は厚生労働省の管轄になります。

保育園で働く場合は、厚生労働省の認定する保育士資格を取得する必要があります。

対して、幼稚園は学校の中の一つに分類されるので文部科学省の管轄です。幼稚園で働く場合は、幼稚園教諭免許が必要です。

両方の免許を取得できるのが、保育士養成課程のある学校や通信教育です。専門学校や短期大学、四年制大学で特定の科目を履修すれば、卒業するときに、同時に2つの免許を取得することのできる学校が大半です。

仕事内容の違い

保育園において、保護者の代わりをするのが保育士の役割です。食事や排泄など、基本的な生活習慣を身に付けさせること、それを援助することが目的になります。

保育園は朝7時頃から夜7時ごろまで子どもを預かります。最近では夜間保育を行う保育園も増えてきていて、深夜から朝まで預かるという保育園もあります。

幼稚園は一つの「学校」なので、生活面や知識など、教育・指導をしていくということが目的です。幼稚園教諭は保育士と異なり、多くの子どもを一度に見なければなりません。

子どもを預かる時間は、だいたい4〜5時間です。

遊びの内容などは、年齢によって違いはありますが、同じような内容の遊びを取り入れています。

同じ子どもを預かるということは一緒ですが、保育園と幼稚園には大きな違いがあります。ですが、保育士も幼稚園教諭も子どもが成長できるように支えていく仕事であるということは同じです。

仕事体験談