派遣の保育士の働き方

派遣保育士という選択肢

保育士として働きたい場合でも、家庭の事情や就職難のためになかなか正社員として勤務することが難しい場合があります。そんな時に派遣で働くという道を視野に入れてみてはいかがでしょうか?

派遣の保育士としての働き方には、メリット・デメリットがあります。それをしっかりと理解した上で派遣保育士を目指すようにしましょう。

派遣の保育士の給料・勤務時間・働き方

派遣の保育士は、時給に換算した給料が一般的な保育士よりも高く設定されている場合が多いです。

時給の相場はだいたい900円から1,200円くらいです。保育士にしては高額ですが、ボーナスが支給されないという場合が多くあります。

勤務時間は自分の希望をある程度採用してもらえるので、家庭を持っている人や、忙しい人でも比較的働きやすい環境にしてもらえます。

しかし、あまりにも短時間すぎる場合や保育園がその時間を望んでいない場合などでは、希望時間と合わないということも出てくるでしょう。

正社員との業務の違い

正社員の保育士は子どもをまとめること・子どもを率先して引っ張っていくことが主な仕事内容です。

一方、派遣の保育士は、保育士の援助に回ったり、マイペースな子どもたちの対応をしたりします。ときには雑用のように思うような作業もすることもあるでしょう。

正社員に多い事務作業が、派遣の保育士には少ない傾向があります。残業もあまりなく、「給料=子どもと一緒にいる時間」となるので、進んで派遣として働く保育士も少なくありません。

派遣の保育士として働くには

派遣の保育士に関しては、需要は高い傾向があります。いろいろな派遣会社をみても、保育士の給料は高額に設定されていますし、よく見かける職種でもあります。

また、派遣会社だけでなく、公的機関(ハローワークなど)でも派遣の登録はできます。公的機関での募集なので安心ができるかもしれません。

保育士になろうと思っている人は派遣会社やハローワークなどに登録しておくことをおすすめします。

正社員への道が開かれている紹介予定派遣というかたちを取ってくれる場合もあるので、登録しておいて損はありません。

派遣会社を探すのは簡単です。インターネットで検索するだけで数多くの派遣会社が出てきます。CMなどで見かけたり、メジャーな会社なら比較的安心して利用することができるでしょう。

自分の希望を書くときにはあまり条件を記入しすぎないようにした方がよいでしょう。条件があればあるほど合致する保育園がないからです。

ある程度自分の希望を書くことはよいですが、希望が多いために採用されないということにはならないようにしましょう。

派遣の保育士でも子どもの前に立てばひとりの「先生」となります。子どもには派遣だからという言い訳は通用しません。

一歩保育園に入ったら、しっかりと自覚を持って行動をしたり、子どものお手本となるように心がけることが大切です。

仕事体験談