義肢装具士になるには

義肢装具士になるにはまず学校へ 義肢装具士として働くためには、義肢装具士国家試験に合格することが必要です。 義肢や装具を作成することに対して、資格は必要ありませんが、患者さんの採寸をしたり、適合させたりするときには資格が … 続きを読む

義肢装具士国家試験の難易度、合格率

義肢装具士国家試験の合格率は高い 義肢装具士として働くためには、義肢装具士国家試験に合格することが必要です。 →義肢装具士になるには 義肢装具士の国家資格試験の合格率は80パーセントを越えています。数字だけ見ると非常に高 … 続きを読む

義肢装具士向いている人、適性

ものを作ることが好き 義肢装具士は義肢についてのスペシャリストであり、義肢についての専門知識を持っていることが求められます。 義肢の扱いを紹介したり、トラブルを防ぐためのメンテナンスをしていくことにもなりますので、仕組み … 続きを読む

義肢装具士になるための学校

専門の教育機関はわずかしかない 義肢装具士の資格は国家試験に合格することで取得できます。この試験を受けるためには指定の教育機関で専門課程を履修し、受験資格を得なければなりません。 義肢装具士を養成する教育機関は全国的に見 … 続きを読む

義肢装具士の就職・求人募集状況

義肢装具士の職場は「会社」が多い 義肢装具士は医療職でありながら技術職でもあるため、医療現場ではなく会社で働く人が多いという少し特殊な職業となっています。 求人についても義肢装具製作会社が募集していることが一般的で、医療 … 続きを読む

義肢装具士の資格

数はまだまだ少ない 義肢装具士の数はまだまだ少ない状態です。逆にいえばまだ発展途上にあるということ。そのため、これから志す人にも活躍のチャンスが大いにあるといえます。 近年では女性の義肢装具士も増えつつあるため、女性なら … 続きを読む

義肢装具士に必要なこと

障碍者に対する深い理解 義肢装具士の資格は専門の教育機関でしっかりと学習すれば、ほとんどの場合、試験を突破し、取得することができます。 しかし、国家資格の中では比較的取得しやすいため、安易な気持ちで志す人が少なからずいる … 続きを読む

義肢装具士の志望動機・面接

コミュニケーションの基本を抑える 義肢・装具の作成には使用者とのコミュニケーションが必要不可欠です。 しかし、身体の欠損や障害で深く傷ついている使用者の中には心を閉ざし、対話を拒絶する人も少なくありません。 そのような人 … 続きを読む

義肢装具士への転職

他業種からの転職希望者が多い 義肢装具士を養成するある教育機関では、社会人入試を経て入学する人が過半数を超えているという事実があります。 このことからも分かるように義肢装具士は他業種からの転職志願者が比較的多いと考えてい … 続きを読む

女性の義肢装具士

将来性は無限大 近年、義肢装具士に対する女性の興味が高まってきており、専門の教育機関に通う女性も増加傾向にあります。 それでもまだ、小規模の製作会社においては女性の義肢装具士は一人いるかいないかという程度であり、就業して … 続きを読む