学芸員の就職先と活躍の場

就職する場所

学芸員はそもそも博物館法によって規定されてはじめて存在している職務であって、その条文通り職場も博物館が中心となります。ただしこの「博物館」というのは一般的にイメージされる狭い意味での博物館ではなく、さまざまな種類のものを含みます。

博物館だけでも歴史博物館、民芸博物館、産業博物館とさまざまな種類がありますし、美術館や水族館、動物園等も含まれます。簡単に言えば広く市民の文化振興に寄与するような文化施設一般に幅広く及ぶものとなっています。

具体的な活動

必要とあれば地方の歴史施設や邸宅に出向いて交渉や鑑定や研究を行ったり、外国出張して動植物の収集や視察に出かけたりすることもあります。

また学芸員は文化の向上や振興に努める義務があるので、市民サービスとして文化講座に呼ばれたり、各種講師を務めたりします。基本的に教養と学識がある人がなる職業なので、日頃から教員免許を所持して元講師だった人も多く、大学で講義を行ったり研究所に招かれて研究作業にたずさわる人も多いです。

中にはマスコミでも有名な文化人となって、テレビの教養講座に出たりシンポジウムなどに招かれたりするケースもあります。

職場としては資料の整理や管理、古文書の研究や管理などの裏方の地味な作業もありますが、それが将来的な博物館の表の展示や研究成果にも関わってくるのでそうしたことも総合的な職務の一環となっていきます。

就職

全体的に学芸員職は欠員が少なく、空きがでてようやく募集、といった形のものが多いです。場合によっては競争倍率が100倍以上になることもあり、簡単に就職できるとは言い難い状況です。

そのため大学の非常勤講師や塾や予備校などに勤めていたり、臨時職員や嘱託職員として働きながら、正規雇用を目指す人も多いです。