フードコーディネーターの給料・年収

フードコーディネーターはフリーランスとして活躍する人が多く、活動内容や仕事の量によって、収入にもだいぶ差が出てきます。

会社員のように平均給与額を出すことは難しい面もありますが、ここでは企業に勤めているフードコーディネーターと、積極的に働くフリーのフードコーディネーターの平均的な給与を紹介していきます。

企業等に勤めるフードコーディネーターの平均給与

飲食メーカーなどの企業に就職したり、料理教室を主催する企業などに正社員として勤務する場合、平均年収は300万円~600万円ほどとなるでしょう。

他の職種の社員と同程度の給料となり、経験や実力に応じて昇格すれば給料は徐々に上がっていきます。

ボーナスの有無や待遇の内容は勤務先によって異なります。

多くの場合、フードコーディネーターの肩書きを持つからといって、桁違いの収入を得られることはほとんどないようです。

フリーランスのフードコーディネーター

フリーランスで働く場合、仕事がなければ収入は0円です。

フリーランスの給料は固定給ではなく、企業から請け負う仕事に対して「報酬」をもらうことになります。

仕事内容やその人のスキルレベルによって報酬額は異なるため、人により収入にはだいぶ幅が出てきます。

安定して仕事をこなしていけば、平均年収は300万円~800万円ほどとなるでしょう。

ある程度の実力がついて人気が出てくると、テレビや雑誌などのメディアで活躍できることもあります。

毎日のようにテレビに出ていたり、大手食品メーカーの商品開発やアドバイザーの役目を担うようになれば、年収1000万円を超えることもあります。

また、自分で書籍を執筆したり、セミナーの講師を務めたりして収入を得る人もいます。

給料が頭打ちになる仕事ではないため、活躍の仕方によっては会社員よりも大きな収入を得ることが可能です。

アシスタントの給与

フードコーディネーターは、有名なフードコーディネーターのアシスタントとして働くことも可能です。

この場合、給与は師匠が決めることになります。

アシスタント時代はあくまで「勉強期間、下積み期間」として考えられているため、他にアルバイトをしないと生活が成り立たないこともあります。

アシスタントの平均的な年収は、100万円~300万円ほどが目安となるでしょう。

収入の安定ということを考えると、先にフードコーディネーターの資格を取得して企業に就職し、経験を積んで独立という方法をとる人が多いようですが、フードコーディネーターの働き方に正解はありません。

最初からアシスタントとして、現場で経験を積んでいくのもひとつの方法です。

さまざまな現場に出て多様な案件をこなし、人脈を築いていけば、いずれ独立する際の大きな力になるでしょう。

関連する資格を取得して収入アップにつなげる

フードコーディネーターは、「食」に関する幅広い知識が求められる仕事です。

フードコーディネーター認定資格をはじめ、調理師や栄養士、ソムリエなどの資格を取得するために勉強することで、知識が広がり、多方面で活躍できるようになるかもしれません。

とくにフリーで活動する場合、どのように仕事を展開していくかは自分次第です。

日々の勉強を続けることで、それが結果的に収入アップにつながる可能性が高まるでしょう。