フードコーディネーターになるための学校・スクール、専門学校

学校やスクールには通うべき?

フードコーディネーターは、なるために絶対に必要とされる資格も学歴もありません。

たとえ「食」に関する学校に通ったことがなくても、プロのアシスタントに付いて仕事のやり方を学んだり、フード業界での実績やスキルがあれば、独立してフードコーディネーターとしての仕事をすることも不可能ではありません。

とはいえ、ほとんどの場合は、そううまく事が進まないものです。

クライアントからお金をいただく以上、「ちょっと食の知識がある」「食べることが大好き」くらいのレベルではとても仕事になりませんし、現場経験や人脈がなければ長く安定して仕事を続けていくのは難しいです。

また、自分が希望するタイミングでプロのアシスタントになれるとも限りません。

そのため、まずは学校やスクールに通い、専門知識を身につけたり資格を取得してから、本格的に仕事をスタートするという人も少なくありません。

学校やスクールに通うメリットは?

フードコーディネーターになるための学校やスクールでは、食材や栄養などに関する知識を体系立てて勉強することができます。

これらの基礎知識があれば、仕事を始めてからも、さまざまな場面で応用しやすくなるでしょう。

ただし、ひとくちに学校やスクールといっても、フードコーディネーターとしての基礎を身につけながら資格取得を最短距離で目指すスクールもあれば、栄養学や調理技術といった食に関する専門的な知識とスキルを身につけていく専門学校など、多様な選択肢があります。

また、食関連の仕事に就きながら、夜間のスクールや週末に開かれる講座を利用して勉強し、独立を目指したり仕事の幅を広げる人もいます。

食に関する専門書はたくさん出版されてはいますが、独学で専門知識を身につけるのは簡単ではないため、効率よく学びたいという人は、学校やスクールへの通学を検討するようです。

「認定校」の中でも選択肢はさまざま

フードコーディネーターの民間資格として有名なのが「日本フードコーディネーター協会」が認定する「フードコーディネーター資格認定試験」です。

協会が定める「認定校」に通って学ぶことで、入門レベルとなる「3級」の認定資格を得ることができます。

ただし、認定校といっても調理系の専門学校から短大、民間スクールなどさまざまあります。

また、学校によってはフードコーディネーター認定資格だけでなく、「調理師免許」や「食品技術管理専門士」など、食に関する他の資格まで取得できるところもあります。

専門学校や短大の学費は、学校にもよりますが年間100万円以上など、民間のスクールに比べると高額になることが多いです。

そのため、まず学費を比較、検討していくことが必至となるでしょう。

そのうえで、自分が身につけたいことが学べる学校、さらには取得が可能な資格や就職率や進路状況まで確認し、自分が納得して通える学校を選ぶとよいでしょう。