フードコーディネーターの独立

独立して働く人も多い

フードコーディネーターは、食品メーカーや料理教室などに所属して社員として働く人がいる一方、独立してフリーランスの形で仕事をしている人も大勢います。

ひとくちにフードコーディネーターといっても、その仕事内容はレシピやメニュー作り、テレビや雑誌等への出演、商品企画、アドバイザー、セミナー講師、飲食店プロデュースなど多岐にわたっており、とくに独立した人は幅広い仕事に携わるケースが多いです。

企業などに勤務するのと比べて、多種多様な案件に挑戦することができたり、個人の名前で活躍できたりすることは独立するメリットといえるでしょう。

また、フリーランスであれば時間の融通をきかせやすいため、主婦がフードコーディネーターの顔を持って働くケースもよくあるようです。

フードコーディネーターとして独立するには

フードコーディネーターとして独立するために、特別に資格などが求められることはありません。

また、絶対にこの道をたどらなければ独立できないというものもありません。

しかし、ビジネスとしてやっていくのであれば専門的な知識やスキルはもちろん、仕事の進め方を理解しておく必要があるため、まずはプロのフードコーディネーターのアシスタントとなり、多様な現場経験を積んで独立するパターンが多いようです。

最初は買い出しや皿洗い、関係者への連絡など雑用のような仕事が中心ですが、徐々にレシピ企画などの仕事も任せてもらえるようになります。

また、アシスタント時代に業界内での人脈を作っておけば、独立後におおいに役立つでしょう。

身につけておきたいスキル

フードコーディネーターとして独立し、それなりに成功していくには、相応のスキルを身につけておく必要があります。

「料理が得意」「食べることが大好き」といった理由から、フードコーディネーターという職業に興味を持つ人もいるようですが、それだけでこの仕事を続けていくのはとても難しいのが現実です。

フードコーディネーターは、「食」に関する幅広い知識を持ち合わせ、「食のトータルプロデュース」ができる人材が求められています。

調理技術だけではなく、レシピやメニューを企画する能力、プレゼンテーション能力、さらに食材の原価計算やマネジメントなど、ビジネス的な知識やセンスも求められます。

フードコーディネーターといってもさまざまな仕事をする人がおり、企画中心で行うのか、それとレシピの作成や撮影か、あるいは企業のコンサルティングかといったように、メインとする仕事内容によって求められるスキルは少しずつ異なります。

しかし、独立するとなれば、なおいっそうさまざまな依頼に対応できるよう、食の幅広い知識を備えておくことは不可欠です。