独学でフードコーディネーターになれる?

誰でもフードコーディネーターと名乗ることはできる

フードコーディネーターとして働くうえで、絶対に必要とされる資格や学歴はありません。

誰でも、いつでも「私はフードコーディネーターです」と名乗ることができ、自由に仕事をしていくこともできます。

とはいえ、フードコーディネーターは「食」に関する幅広い知識が求められる仕事であり、まずはその知識を身につけることが不可欠です。

そのため、調理の専門学校への進学、あるいは大学・短大などで栄養学を勉強してフードコーディネーターを目指す人が多くなっていますが、独学をすることも不可能ではありません。

ここでは、独学でフードコーディネーターを目指す場合、どのような方法があるのかをいくつか挙げてみます。

資格取得に向けて勉強する

フードコーディネーターは国家資格がありませんが、民間資格として「特定非営利活動法人 日本フードコーディネーター協会」が主催する「フードコーディネーター資格認定試験」が存在します。

この資格は、唯一のフードコーディネーター資格として知名度があり、資格取得に向けて勉強をすれば、フードコーディネーターに求められる知識が備わっていることを証明しやすくなります。

「プロレベル」に位置づけられる最上位の1級は難易度が高いものの、3級資格認定試験は、フードコーディネーターとしての入門レベルであり、日本フードコーディネーター協会の公式テキストを用いて独学し、合格することは十分に可能です。

協会の講習会に参加することで、よりポイントを押さえた勉強もしやすくなるでしょう。

現場に飛び込んでみる

フードコーディネーターは、もちろん知識も大切ですが、経験や実践のなかで学ぶことも多く、それによってステップアップできる仕事です。

そのため、もし学校に通わずに食関連の総合的な知識を増やしていきたいのであれば、できるだけ「食の現場」に関わっていくことをオススメします。

理想をいえば、プロのフードコーディネーターのアシスタントになり、師匠の下で仕事を覚えていくことができればよいのですが、もしそれが難しくても飲食店で働いたり、料理教室のアシスタントをしたりと、少しでも食に関わるビジネスに触れるチャンスを得ようとする姿勢が大切です。