フードコーディネーターになるために勉強すること

食に関する幅広い知識

フードコーディネーターは、「食」の総合的な知識が必要とされる仕事です。

備えておくべき知識は多岐にわたりますが、どのような勉強をすればよいのかを考えるときには、フードコーディネーター資格認定試験の出題範囲が参考になるでしょう。

フードコーディネーター資格認定試験3級の場合、「文化」「科学」「デザイン・アート」「経済・経営」という4分野から出題されます。

細かく見ていくと、食文化や食品・食材のことはもちろん、食の安全、厨房設備、さらには食空間やテーブルコーディネート、テーブルマナーなど、とても幅広い内容の勉強をしていかなくてはなりません。

こうした内容はテキストを使えば独学で勉強することもできますし、フードコーディネーターの認定校では、資格取得に向けたカリキュラムが組まれているため、より効率的に学ぶことができるでしょう。

知識をビジネスとして生かすためのスキルを磨く

フードコーディネーターは、ただ食の知識を持つばかりではなく、それをビジネスとしてどう生かしていくかをつねに考えなくてはなりません。

たとえばメニューのプランニングやフードマネジメント、飲食店プロデュースなど、ビジネスとしてきちんと成り立たせるためのスキルを磨く必要もあります。

こうしたことは、もちろん学校で学ぶこともできますが、現場経験のなかで身につくことも多々あります。

フードコーディネーター以外の仕事でも、飲食の現場に携わっていることで得られる知識やスキルもあるでしょう。

毎日の知識の積み重ねが重要

フードコーディネーターは、料理そのものから料理のスタイリング、商品開発など、さまざまな方面で活躍することができます。

どのように知識を生かしていくかは人それぞれですが、食にまつわる知識をどんどん広げていく姿勢が欠かせません。

とくにフリーランスで仕事をするとなれば、なおさら個人の能力が問われます。

フードコーディネーターとして生きる以上、毎日新しい食の情報を取り入れるくらいのつもりで仕事を続けていくことが大切だといえます。