アイリストの現状と将来性

現在進行形で市場の開拓が進む

「アイリスト」は、比較的新しい職業です。かつてはアイメイクというと、ビューラーでまつ毛をあげたりマスカラでまつ毛を塗ったりするのが主流でした。

しかし、女性のメイクのテクニックの移り変わりとともに、まつ毛に人工の毛を植毛する「まつ毛エクステ」や「つけまつ毛」まつ毛を薬剤でカールさせる「まつ毛パーマ」が爆発的な人気を誇るようになり、この流行とともにまつ毛ケアのプロフェッショナルである「アイリスト」の仕事が確立されました。

こうして職業として広まっていくなかで、平成20年には厚生労働省から「美容師免許が必要であること」が通達され、アイリストとして働くための条件や待遇が徐々に固まってきたのです。

このように、「アイリスト」自体はまだまだ歴史が短い職業なので、現在進行形で市場の開拓が進んでいるというのが現状です。

近年では美容師学校を卒業した人が美容師ではなくてアイリストをめざすケースも少しずつ増えてきてはいます。

新しいサロンがオープンしたり既存の美容サロンがまつ毛ケアの施術を新たに行うことになったりするケースも多いため、人材の募集は続いています。

ネイルサロンで、ネイルをしてもらいながら、まつ毛の施術も同時にできるというようなところも増えつつあります。今後は、トータルビューティーの一環として、アイリストを採用するところも増えてくると考えられます。

新たにこの業界を切り開いていきたい!という意欲がある人には、挑戦のしがいがある職業になるのではないでしょうか。

流行の煽りを受けやすいというリスクも

一方で、将来性に関しては楽観視できないという見方もあります。女性のメイクの流行は、時代とともに大きく移り変わるもの。

とくにその時代の人気モデルやタレントがどんなメイクをしているかが大きな影響を及ぼすことがあります。

今は、まつ毛のエクステやパーマで目元を目立たせて大きくぱっちりと見せることが若い女性を中心に流行していますが、たとえば近い将来に状況が一転して「ナチュラルメイク」が流行した場合、目元のメイクやケアに力を入れる人が一気に減ってしまう可能性も否定はできません。

看護や介護、金融などの業界とは異なり、流行の煽りを受けて短期間で市場が一気に変化するのが、アパレルや化粧品業界の特徴です。

時代を見極めながら、アイリストとしての技術の習得を極めるのか、新たな流行に合うような施術メニューを考案し続けていくのか、あるいはヘアメイクやネイルなど他の技術も磨いてマルチに活躍できるようにするのか、自分自身でしっかり判断することが大切です。

仕事体験談