エステティシャンのつらいこと、大変なこと

立ち仕事で体力を要する

エステティシャンに華やかで美しいイメージを抱く人は多いことでしょう。実際、エステティシャン自身も美や健康に対して深く気を遣っています。

しかしながら、エステティシャンの仕事は体力を要する面もあります。

施術内容にもよりますが、マッサージをするとなればまさに全身運動。施術中は立ちっぱなしになることも多く、1日の仕事が終わると足腰がパンパンに張ってしまう日も少なくありません。

エステティシャンの美しさの裏には、こういった苦労があることも知っておく必要があります。

中には環境があまり良くない職場も

「エステ」の知名度が上がるにつれ、エステサロンの数もどんどん増えています。

エステのサービスが多様化し、人々のエステに対する敷居が低くなっている一方、すべてのエステサロンがスタッフにとって働きやすい職場環境や魅力的な待遇を整えているかというと、残念ながらそうとはいいきれません。

エステサロンを運営する会社の規模や特徴はまちまちです。

大手エステ会社の場合、給料や待遇面は安定している傾向にありますが、その分売上ノルマが課せれらたり、営業時間外の研修や勉強会に参加必須ということもあります。

ただし、こういった会社の特徴や雰囲気は、規模だけで語れるものではありません。

中小のエステサロンでも、好待遇でスタッフの定着率が良いところもありますし、むしろ大手よりアットホームな小さなサロンのほうが働きやすさを感じる人もいるでしょう。

近年はエステサロンの数が増えているだけに、エステティシャンを目指す人は「どのサロンで働くか?」をしっかりと見極めて、自分に合ったサロンを選んでいくべきでしょう。

女性中心の職場環境

エステサロンの大半は、まだまだ女性中心の職場です。

個人開業のプライベートサロンでもない限り、複数のエステティシャンが在籍しているサロンが多いですが、「女だらけの職場」であることには良い面・悪い面の両方があるといえるでしょう。

良い面としては、女性同士お互いの気持ちが理解しやすかったり、プライベートの相談もしやすいといったことが挙げられます。

一方、悪い面としては、休憩中の会話が女性ならではの噂話中心になってしまったり、男性がいない分だけ閉鎖的な雰囲気になってしまうということがあり得ます。

集まったスタッフの性格にもよりますが、中には女ばかりの職場環境にストレスを感じてしまう人もいるようです。

また、店の大掃除をしたり器具を動かしたりといった力仕事がある時も、女だけでやらなければならないのは大変な点です。

仕事体験談