エステティシャンにはノルマがある?

ノルマがある店舗も

エステティシャンの仕事は、しばしば「ノルマがあって大変」といわれることがあるようです。

実際の現場でノルマ、つまり「これだけは売り上げなくてはならない」という決めごとがどうなっているかというと、エステサロンなどによって事情が異なります。

とくに大手エステサロンはノルマが厳しい場合が多いとされており、そうなると、どうしても積極的に商品やサービスの勧誘・セールスをしていかなくてはならないでしょう。

とはいえ、お客さまに「勧誘ばかり」と思われてしまってはいけません。

ノルマのことを念頭に置きつつ、あくまでお客さまに満足していただけるトークや接客をすることが、エステティシャンの腕の見せ所だといえます。

なかにはまったくノルマがないサロンもあるようですが、どのような職場で働く場合でも、できるだけ多くのお客さまに利用していただき、お店の利益を上げていく努力は求められます。

ノルマはつらい?

ひとくちにノルマといっても、そのノルマを達成するのがどの程度難しいのかによって、「つらい」と感じるかどうかは変わってくるといえるでしょう。

また、ノルマをクリアできなかった場合に給料が引かれてしまうといったペナルティがあるのか、それともあくまで目標のような位置づけとなっており、とくにお咎めはないのかといった店舗の考え方によっても、ノルマに対する意識は異なるはずです。

ノルマはたいてい月単位で設定されますが、エステサロンによっては、1日ごとにノルマが課せられることもあり、そうしたところではつねに強い緊張感を持って働かなくてはならないかもしれません。

働きたいと考えている職場が、どのようなノルマ設定になっているのか、それに耐えられそうかどうかは、事前によく調べて考えておいたほうがよいでしょう。

売上によって収入が大きく増える場合も

「ノルマ」というと、どうしてもネガティブなイメージを持たれやすいですが、ただつらい、厳しいだけのものではありません。

というのも、店舗によっては個々のノルマ達成率によって、収入にしっかりと還元される場合があるからです。

完全歩合制の店舗であれば、売上がそのまま給料に関係してきますし、ノルマを大きくクリアすることで特別ボーナスがもらえることもあります。

こうしたことから、「たくさん稼ぎたい!」と考えるエステティシャンのなかには、あえてノルマがある店舗を探して働いていることもあるようです。

仕事体験談