エステティシャンのネイル、髪色は?

サロンによって規定は異なる

エステティシャンは、お客さまに「美」を提供する職業であることから、エステティシャン自身も身だしなみには人一倍気を配る必要があります。

何よりも大切なのは清潔感、そしてお客さまに与える印象を良くすることです。

ただし、服装や髪形の規定はエステサロンなどの各店舗ごとに異なっており、かなり自由度の高いところもあれば、厳しく制限されているところもあるようです。

決してエステティシャンの誰もが派手にしているいうわけではありませんが、この仕事をする以上、「キレイ」にしていることは不可欠といえるでしょう。

ネイルについて

エステティシャンは、手でボディやフェイシャルマッサージをする機会が多く、「手」のお手入れについてはとくに注意しておく必要があります。

最も注意すべきは爪です。お客さまの肌を傷つけることがないよう、爪はつねに短く切りそろえておくことが欠かせません。

そして、やすりをつかって角がとがらないように整えることが大切です。

ネイルアートについては、NGとしている店舗がほとんどです。

髪色・髪型について

髪型は基本的に自由とされることが多いです。

しかし、施術中は立ったリ座ったり、身体を動かしてマッサージをしたりと動き回ることになるため、崩れないようにする必要があります。

髪が長ければきちんと結んだり、ショートヘアでもワックスやピンを使ってまとめるといったスタイルが一般的です。

髪色も制限されない場合が多いようですが、過度なカラーリングはNGとなるでしょう。黒や濃い目の茶程度にしている人がほとんどです。

その他

メイクは肌をキレイに見せること、そしてどのようなお客さまに対しても好印象を与えられるように意識することが大切です。

あまりに濃すぎるメイク、逆にノーメイクもNGとなります。

マッサージをすると意外と汗をかくことがあるため、崩れにくいメイクにすることも重要ポイントです。

アクセサリーは、あまりに大きなもの、派手なものでなければOKでしょう。

服装は、店舗が指定する制服を着用することが多いでしょう。つねに清潔で、しわがないようにしておく必要があります。

仕事体験談