独学や未経験からエステティシャンになれる?

未経験から目指す人が多い職業

エステティシャンは、未経験からも比較的スタートしやすい職業です。専門知識や技術がまったくない人でも、やる気さえあれば雇ってくれるエステサロンは存在します。

そういった場合、アルバイトからのスタートになることが多いですが、社内で研修を受けたり実務を通じてスキルを身につけていけば、いずれ正社員へとステップアップすることも可能です。

「専門学校に通うお金や時間はないけれど、エステティシャンになりたい!」という場合には、未経験者を受け入れてくれるサロンを見つけ、応募するとよいでしょう。

ただし、スクールで学んだ人に比べて、第一線で施術できるようになるまでには時間がかかる可能性もあるため、その覚悟は必要です。

エステサロンの研修で学ぶ

エステサロンへの入社後に研修が用意されているところは多数あります。ただし、エステの学校やスクールのように時間をかけて丁寧に教えてもらえるとは限りません。

限られた時間の中、美容の専門用語が一切わからないようでは研修すら苦痛に感じてしまう可能性もあります。たとえ学校に通わないとしても、自分で参考書籍や資料などを集めて勉強しておいたほうがよいでしょう。

研修制度の整っているサロンであれば、未経験者であっても入社後に十分な知識と技術を身につけられます。

新たな化粧品や技術は日々生み出されているため、活躍中のエステティシャンから最新の情報や、実務に即した指導を受ける時間は貴重なものとなります。

すでに専門学校やスクールで学んでいる場合でも、エステサロンによって施術内容やサービスは異なるため、店舗独自の研修を受けてデビュー、といった流れが基本となっています。

通学は費用とお金がかかるが、ステップアップの近道に

「とにかく早く一人前のエステティシャンとして活躍したい!」と考える場合には、やはり専門学校やスクールで、基礎的な知識や技術を学ぶことをオススメします。

未経験者を雇ってくれるエステサロンであっても、エステの専門学校やスクール卒業生の場合は「即戦力」として扱われることが多いからです。

しかしながら、いまエステ関連のスクールの数は非常に増えており、その受講期間やカリキュラムもさまざまです。

また、学校によって学費にも大きな差がありますが、決して「高いからいい」というわけではありません。各スクールの特色を見極めて、自分に合うところを選ぶことが大切です。

また、せっかく学校に通うのであれば、業界内での評価が高く、信頼性があり、確かなスキルが身につくところを選ぶことが重要です。

たとえば学校のホームページやパンフレットをチェックし、教育方針、学校の歴史、講師紹介、サポート制度などがしっかりと書かれているかどうか?といったところも判断材料となるでしょう。

そのほか、第一線で活躍する優秀な講師の指導が受けられたり、エステティシャンとしての卒業生を多数輩出しているような学校を選んでいくことをオススメします。

資格はスクール通学が必須のものが多い

未経験からスタートする場合でも、エステ関連の資格を取得していればエステティシャンとして一定レベルの知識や技術を有していることを証明できます。

エステティシャンには国家資格がありませんが、日本エステティシャン協会などの「認定エステティシャン」になることができれば、実務未経験であっても優遇されることが多いです。

しかしながら、エステティシャンの資格の中でそれなりに業界内での認知度が高いものは、特定のスクールで決められた時間以上の勉強をするか、実務経験がなければ受験資格が得られないものが多くなっています。

このような理由から、残念ながら「独学で資格をとり、有利に就職したい」という希望を叶えるのは、現在では難しいものがあります。

独学から独立開業は非常に厳しい

もちろん資格がなくてもエステティシャンにはなれますが、エステの現場は市販の参考書等を使っただけで通用する世界ではありません。

たとえ独学で美容の知識は身につけられても、いざ現場に出れば高い技術レベルや接客スキルが求められるため、机上の勉強だけではなかなか極めることができないのです。

そのため、独学後、エステサロンに入って実務経験を積むことは一流エステティシャンを目指す道として十分考えられますが、独学のみでいきなり独立し、サロンを経営するのはまず無理だといえます。

いま、エステサロンの数は増加傾向にあり、エステティシャンの求人募集も多く出されています。エステティシャンになるための可能性は広がっているといえるため、自分にとってベストな方法を考えていきましょう。

仕事体験談