結婚、子育てしながらエステティシャンとして働ける?

活躍する人の大半を女性が占めるエステティシャン。

近年、エステティシャンの志望者が増えている一つの理由は、手に職をつけて長く働いていけることだといわれますが、長く働きたいのであればなおさら「結婚や出産しても働き続けられるのか?」という点は気になるところでしょう。

エステティシャンの場合、結婚や出産後も自分の意志次第で働き続けることは可能です。

しかしながら、他の仕事をする場合と同様、仕事と家庭の両立にはそれなりの努力や覚悟が必要になります。その点について詳しく見ていきましょう。

家庭との両立は可能?

まず、エステティシャンのほとんどはエステサロンで働いています。

こういった場所は華やかに見えますが、忙しい日は1日中休む間もなく立ちっぱなしになることもありますし、お客さまへのマッサージなどではかなりの体力を使います。

育児で疲れている体に鞭打って、仕事でも動き回らなければならないというのはかなり大変なことです。

もう一つ考えるべきは、勤務時間に関してです。一般的なエステサロンは「仕事を終えてからエステに通いたい」というお客さまのために、平日深夜近くまで、あるいは土日も営業するところが多いです。

一方、まだ手のかかる子どもがる人の場合、夜遅くまで働いたり、学校がない土日にも出勤するのは厳しいと感じるはずです。

しかし、平日の日中だけ働きたいと思っても、そういった条件で採用してくれる職場が運よく見つかるかはわかりません。

また、エステティシャンとして経験の浅いうちは休日に研修があったり、営業時間後の片付けなどで夜遅くなってしまうこともあります。

アルバイトやパートであれば短時間だけ勤務することも可能ですが、エステサロンの中には、独身で家庭の事情のない若い人を優先的に採用するということもあるようです。

働きやすさを求めて開業する

結婚や子育てしながらもエステティシャンとして現場を離れたくないという場合、開業することを視野に入れるとよいでしょう。

ただし、いきなり開業というのはかなり厳しいため、エステティシャンの専門学校やスクールに通って、サロンで少しでも働いた経験があるほうが望ましいです。

専門知識や技術だけでなく、お客さまへの接し方、クレーム対応、サロン運営の流れなど、実際にサロンで働いてみることで初めて気付くことがたくさんあるはずです。

経験を積み、必要に応じて「認定エステティシャン」などの資格を取れば、あとは努力によって自分の力でエステをやっていくことも可能です。

自宅開業であれば会社や他のスタッフに気兼ねなく、日中の数時間だけ働くといったこともしやすくなるでしょう。

仕事体験談