男性でもエステティシャンになれる?

日本における男性エステティシャンの現状

エステティシャンというと、凛とした女性がバリバリ働く姿を想像する人が多いのではないでしょうか?

実際、海外では男性のエステティシャンも多数活躍しているのですが、日本においては「女性の仕事」というイメージが強く根付いているようです。

美容師も、かつての日本ではその大半が女性でしたが、いまでは女性と同じくらいたくさんの男性が活躍しています。

まだ職業としての歴史が比較的浅いエステティシャン。時代の移り変わりとともに、男性エステティシャンの存在がもっと身近になっていくものと考えられます。

男性がエステティシャンを目指すには?

男性がエステティシャンを目指す場合、女性と同様のスクールで学ぶことができますし、エステサロン等への就職も可能です。

一部のエステサロンでは「女性限定」で採用することもありますが、最近は男性エステティシャンが在籍するサロンも増えています。

また「メンズエステ」など、男性向けのエステサービス提供するサロンで活躍することも可能です。

ただし、一般的なエステサロンのお客さまは、女性が大半を占めます。施術の際は肌や顔に直接触れることになるため、お客さまによっては女性のエステティシャンを希望されることもあります。

男性エステティシャンが在籍するエステでは、お客さまに事前に確認をとったうえで男性が施術することが基本となっています。

しかし、一部の男性カリスマエステティシャンになると、その人の施術を求めて予約が殺到することもあります。

男女関係なく、お客さまに安心感と心地よさを提供できるエステティシャンは、多大なる信頼を集めていけるでしょう。

これは男女いずれの場合にもいえることですが、エステティシャンには清潔感はもちろん、言葉遣いや身だしなみ、立ち振る舞いなどにも気をつけていく必要があります。

こういったことは入社後にエステサロンでも指導されますが、日々の生活から意識しておいたほうがよいでしょう。

仕事体験談