動物看護師とペット看護師の違い

どちらも獣医師のサポートをする

「動物看護師」とよく似た職業として、「ペット看護師」という名称で呼ばれる職業が存在します。

しかし、動物看護師とペット看護師はどちらも国家資格が存在せず、なるために絶対に必要な学歴などもありません。

そして、どちらも仕事内容が法律などで明確に定義されているわけではありませんが、両者のおもな役目は、動物病院などにおいて獣医師のサポートをすることです。

診察や手術補助、入院動物の看護、検査、調剤、受付・会計など、多岐にわたる業務に携わります。

「動物看護師」と呼ばれることが多い

動物看護師とペット看護師の役割や仕事内容は、ほぼ同じと考えておけばよいでしょう。

時と場合によって「動物看護師」と呼ばれることもあれば、「ペット看護師」と呼ばれることもあります。

かつて、動物看護に関する各種団体の民間資格はいくつもあり、それぞれ名称が微妙に異なるなど、非常にややこしいものとなっていました。

実際に「ペット看護師(士)」という名称の民間資格は、いまも存在しているようです。

しかし、現在は乱立状態の動物看護資格を一本化させようという動きから、「動物看護師統一認定試験」という資格制度が誕生しており、この動物看護師統一認定試験が動物看護の資格のスタンダードになっています。

こうした背景のなか、動物看護の仕事に就く人のことも「動物看護師」と呼ぶことが一般的になっているようです。

動物看護師の就職先は幅広い

動物看護師もペット看護師も代表的な就職先は動物病院となりますが、それ以外にも求人はさほど多くありませんが、動物園や動物保護施設、ペットフードメーカーなどが就職先の選択肢に入ってきます。

しかし、動物園や動物保護施設などで動物看護の仕事に携わる場合には、ペット看護師と呼ばれることはほとんどありません。

ペット看護師と呼ばれるのは、やはり動物病院において、患者となるペットやその飼い主と接する人のことを指すケースがほとんどです。

仕事体験談