動物看護師になるために勉強すること

動物についての知識

動物看護師として働くうえで、身につけておくべきことはたくさんあります。

まずは、動物の生態や病気に関する知識です。

動物看護学、動物行動学、動物栄養学、動物病理学、飼育管理学といった分野の勉強をし、さまざまな動物について、その動物の構造や機能、しつけ、食事管理、発病のメカニズム、疾病に対する薬品やワクチンなどについて理解します。

このほか、動物の感染症や滅菌法・消毒法について学んだり、動物の保護管理などまで、幅広い勉強をしていきます。

技術を備えることも大切

動物看護師は、上記のような分野について十分な知識を得るばかりでなく、技術を備えることも不可欠です。

手術の補助、麻酔、血液・尿・糞便の検査、さらにはグルーミングにいたるまで、動物看護師に求められる技術がたくさんあります。

こうしたことはどうしても独学で身につけるのは難しく、専門学校では実際に手を動かしながらスキルを身につけていける実習の時間も多く用意されています。

実務に必要な知識は他にもたくさん

いざ動物病院に勤めてみると、学校などで勉強したこと以外にも、じつにたくさんの知識やスキルが必要とされることがわかるでしょう。

電話応対や受付・会計業務のほか、入院動物の世話、器具の洗浄などについても、病院独自のルールがたくさん存在しますし、現場でなくては身につかないことも多々あります。

同じ「動物看護師」とはいっても、業務範囲は職場によってだいぶ異なっています。

しかし、いずれの場合でも動物看護師には獣医師のサポート役として、あるいは動物の飼い主さんと獣医師をつないでいく役として、多岐にわたる仕事をこなすことが求められます。

その場の状況を適切に理解しながら、臨機応変に動けるようになるには、やはり経験が必要になります。

働き始めてからも勉強すべきことはたくさんありますが、少しずつ自分の成長が実感できることがやりがいにつながるはずです。