大学教授のやりがい

知的好奇心を満たし続けることができる

大学教授は「研究」を仕事のひとつとしていますが、興味がある対象について、より「知りたい」と思う知的好奇心は人一倍強いといえるでしょう。

研究を行い、それを実証することで自分の知的好奇心を満たすことができることは、大学教授にとってやりがいのあることです。

また、興味の対象について調べたり実験などを行って仮説を立てたりしたとき、それが実証された瞬間には研究者の冥利に尽きるところです。

自分の仮説の正しさが証明されたということは、その興味の対象を理解したという意味でもあります。

しかし、大きな成果をあげるためには、何年、何十年も同じ研究を続けなければならないこともあります。

苦労が大きければ大きい分だけ、興味の対象を理解したときの喜びを大きくしているのかもしれません。

社会への貢献もできる

自分の研究した結果が多くの人たちの命を救ったり、人々の生活をより良くすることに貢献できることも、研究者にとってはやりがいのあるところでしょう。

現在の文化的な生活は、過去のさまざまな研究結果によって成り立っているといえます。そうした日常に密接している研究で成果をあげようと、研究者は日々研究を続けているのです。

また、自身の専門分野を生かし、「教育者」の一人として次世代に活躍する優秀な若者を育てていくこともできます。

日本の教育を下支えする一翼を担うということも、大学教授のやりがいだといえるでしょう。

時代の最先端を走っていける

たとえばノーベル賞の受賞結果をみるとわかるように、大学における研究は、いつでも時代の最先端を走っています。

まだ見ぬものを見つけようとする、新しい時代を切り開いていくといったことも、研究者にとってやりがいのあることではないでしょうか。

自らの手で未来を生み出したり、それまでとは違う環境を作り出したりすることができるかもしれないと考えられる仕事ができることは、研究者にとって何よりうれしく、楽しいことです。