大学の常勤講師と非常勤講師の違い

常勤講師と非常勤講師

講師とは、授業時間にのみ出勤して授業を行う人のことです。

大学の場合、講師は教授や准教授の下という位置づけで、その講師には常勤の人と、必要なときだけ授業を行う非常勤の講師がいます。

そして、常勤と非常勤を区別するため、常勤の講師については「専任講師」や「常勤講師」と呼ばれ、一方、非常勤講師は「兼任講師」や「嘱託講師」とも呼ばれます。

常勤講師と非常勤講師は、言葉から大学の教員として常にいるかそうでないかだけと思われますが、大学教授になれるかどうかなど、その性質が大きく異なるところがあります。

常勤講師

大学教授になるには博士号を取得したのち、大学に就職することが必要ですが、大学に就職していきなり教授にはなれません。

まずは助手になり、助教、(専任・常勤)講師、准教授になって、そして教授になっていきます。

大学教授になるにはそうした段階を得てなっていくのですが、その段階のひとつが常勤講師です。

常勤講師は経験を積み、准教授、そして大学教授になることができます。また教授の仕事を助けることがあるのも常勤講師です。

大学にはいくつかの教職員がいますが、常勤講師は准教授、そして大学教授とともに必ず大学に置くことが定められている職種で、大学での会議など管理業務なども行います。

専任講師は准教授の下の地位になりますが、人事上ではほぼ准教授と同じ扱いとなります。

なお、ビジネスで活躍する実業家など、大学が必要と認めた場合、大学の教員でない人が常勤講師になることもあります。

非常勤講師

大学が必要としたときに採用が行われる講師のことを非常勤講師といいます。

大学に雇用された教職員ではなく、授業のときのみ出勤する職員です。そのため、その大学の職員ではなく、他の大学の教員などが非常勤講師となります。

非常勤講師は大学での会議などへの出席を求められず、授業時間のみ拘束されるだけなので、他の大学教授が副業として非常勤講師になることも多くあります。

さらに大学の教員以外に実業家や芸能人、スポーツ選手など、優れた知識や技術を持つ人が非常勤講師となることもあります。