女性の大学教授

現在は男性が圧倒的に多い

平成27年の学校基本調査によると、大学教員全体に占める女性の割合は23.2%です。

現状では男性が圧倒的に多い状況ですが、近年、女性の大学教授が増えてきています。その理由は、大学教授には給与や休日、待遇などで男女の差がないためです。

一般企業の場合、外回りの営業は男性の場合が多いといったことや、男性と女性では同じ役職であっても給与や賞与が異なることも多いのが現状です。

また、女性の場合役職につくことができないといったことがあり、それはだんだんに改正されてきているとはいえ、いまだ深刻な問題になっています。

しかし大学教授についてはこのような男女の差はないのです。そのため今後はどんどん女性の大学教授が増えていくでしょう。

理工系でも増えてきている

女性の大学教授が多い分野は家政、人文科学、社会科学、保健などで、工学部や理学部の女性の研究者は少ないのが現状です。

たしかに工学部や理学部といった理工系の学部は男子学生の多い学部で、一昔前は女性が近づきにくい雰囲気がありました。

しかし、工学部や理学部にも最近は女学生が増えてきているように、女性の大学教授も増えてきています。

大学自体が女性の研究員の採用について積極的なところがあり、今後も増えていきそうな勢いです。

博士号を取得する女性の増加

現状では日本の女性研究者の割合は先進国の中で最下位ともいわれています。

大学教授になるには博士号を取得するのが現実的なルートなので高等教育が必要なわけですが、日本の女性に高等教育が行われていないかというとそのようなことはありません。

しかし、女性の大学の進学率は高くても博士号の取得となるとまだまだ女性の割合が低い状態です。女性の博士号取得の割合の増加が、女性の大学教授が増えていく鍵になるでしょう。

実際、2001から11年の11年間で博士号を取得した人の伸び率は男性0.31%に比べて、女性は3.90%という数字があります。

日本のみならずアジアにおいて、いまだ女性のノーベル賞受賞者はまだ出てきていません。

しかし、このペースで伸びていけば、いずれは日本からアジア初の女性ノーベル賞受賞者が出てくるかもしれません。