コンサルタントの資格

国家資格は必要なし

「コンサルタント」という職業は、特定の学歴や国家資格が必要な職業ではありません。

しかし、クライアントの問題解決に力を貸す上では何らかの専門分野に関する知識があったほうが有利なことから、実際にはさまざまな免許や資格を持っている人たちがコンサルタントとして活躍しています。

たとえば「公認会計士」や「税理士」の資格を持っている人たちです。

数字に強く、財務に関することや企業の経営に関することに専門知識を持っていることから、企業の経営面のコンサルティングの際に力を発揮しています。

また、中小企業の経営やマーケティング全般に関する知識を持っている「中小企業診断士」も活躍しています。

こういった士業の場合、最初はそれぞれの専門職で働き、経験を積んだ後に転職してコンサルタントの道をめざすケースも少なくないようです。

「MBA(経営学修士号)」を取得する人も

コンサルタントの中には、MBA「Master of Business Administration」を取得している人たちもいます。

MBAというのは、日本語では「経営学修士号」と訳され、経営に関して学ぶビジネススクール(大学院)を卒業することで取得することができるものです。

以前は海外のビジネススクールに留学するのが一般的でしたが、近年では日本国内のビジネススクールで取得する人も増えてきています。

MBAは難関資格として知られており、「経営戦略」「マーケティング」「会計」「起業論」など、企業を経営する上でのあらゆる知識を身につけていることの証明となります。

MBAを取得していることはコンサルタントとして働く上でのひとつの武器になると考えられています。