ショコラティエの仕事内容

チョコレート専門の菓子職人

日本でお菓子を作る職人は、大きく分けると和菓子職人と洋菓子職人(通称パティシエ)に分かれています。その洋菓子職人のなかでもとくにチョコレート専門のお菓子を作るのが「ショコラティエ」と呼ばれる人たちです。

チョコレートの食文化が根付いているベルギーやフランス地方では昔からよく知られている職業ですが、日本では最近になってようやく認知度が高まってきました。

ショコラティエは、いわゆるチョコレートのプロフェッショナルです。

チョコレートというのは非常にデリケート食べ物で、原料となるカカオの品質を見極めながら最適な温度や時間で溶かしたり固めたりしていかなければ、その風味を引き出すことはできません。

ショコラティエは膨大な量の知識と実践経験を積み重ねることで、最高のチョコレートを生み出すことを使命としているのです。

形や色遣いにもセンスが光る

ショコラティエの仕事は、その店独自のチョコレートを作り出すこと。お客さんの心を掴むためには定番の人気商品はもちろんのこと、季節や流行に合わせた新作を作ることも大切な役割です。

その際に重視されるのが、風味や食感だけではなく、見た目の美しさです。

お店を訪れるお客さんのなかには、大切な人へのギフトとしてチョコレートを買い求める人も多く、チョコレートの形や色、ラッピングなどの美しさも購入の際の大きな決め手となります。

とくに、女性が男性にチョコレートを贈る風習のある「バレンタインデー」に向けては、毎年日本中のショコラティエが知恵を絞って新作を生み出しています。

この時期が、一年のなかでも最も忙しい時期になります。