女性のシェフ

女性のシェフも活躍中

女性のシェフももちろん活躍しています。しかし大手ホテルの厨房では、男女の割合が9:1程度とまだまだ女性は少ないのが現状です。

その理由は、朝から晩まで重いフライパンや鍋を持ったり食材を運んだり立ち仕事をしなければならないうえ、腰の負担も大きく、自然と体力が必要になるためです。

どうしても男性より体力が劣ってしまう女性にとっては、男性と同等に働くことは思った以上に大変なことなのです。

社会に出ると雇用機会均等法により性別は関係ないと言われてはいますが、とはいっても実際は男性向き、女性向きの職場があるのも事実です。

厨房での仕事は一般的に男性が多く、その中で女性が働くことはそれだけでも目立ちますし、涙を見せた日には男性たちから煙たがられます。

女性は体力のある男性と対等に働くために、人一倍働かなければならないのです。

女性らしい感性が料理を華やかに彩る

先述ではネガティブなお話でしたが、男性が持っていない女性らしさが武器になることもあります。

たとえば感受性豊かで繊細な感性。

色彩あふれる美しい盛り付けや、微妙なさじ加減で表現する味つけ。どうすれば食べやすいかを考えた器の選び方など、男性が思いつかないようなポイントに注目し、客にアプローチをすることができます。

もしオーナー兼シェフになれば、客をもてなすための細やかな心配りが行き届いた外観や内装、テーブルセットなどをしつらえることができるでしょう。

また、たとえば栄養士の資格を持っているシェフ、子どもが喜ぶ料理を提供できるシェフなど、女性ならではの得意分野を生かしたシェフの道もあるかもしれません。

女性だから苦労するところは?

女性シェフの苦労する点は、圧倒的に男性より女性の比率が少ないことです。女性ならではの体調の変化に男性が気づくことは珍しいといっていいでしょう。

また女性自身も自分の体調に振り回されることがありますが、だからといってその度に休むことはかなり厳しいです。

加えて料理に関しては体調の変化で味覚が一定しない面もあるといわれています。男性に理解されにくい女性特有の体質があることは覚えておきましょう。

次に、結婚・出産の問題です。

多くの女性が働き盛りの30代〜40代に結婚・出産・育児を経験すると一度は職場を離れることになります。

出産・育児でブランクがあると、退職前と同等の職場に復帰するのは難しいでしょう。

なぜなら、ただでさえ体力のない女性を雇うよりは若い男性を雇ったほうが店側にメリットがあるからです。

とはいえ、女性特有のきめ細やかさは大きな武器になりますし、女性ということで男女ともにファンが付く可能性もあります。

不利な条件は多いですが、それでもやりたい、自分の店を持ちたいという強い思いがあるなら挑戦してみる価値はあるといえます。