キャリアカウンセラー(キャリアコンサルタント)の資格の種類と難易度

国家資格誕生の歴史

かつて、キャリアカウンセラーの資格は民間資格のみでした。ところが複数の民間資格が乱立し、資格取得者の能力格差が問われるようになったことなどを機に、国家検定「キャリア・コンサルティング技能検定」が2008年より実施されるようになりました。

さらに、2016年4月には、国家資格として「キャリアコンサルタント」が誕生。国は、2023年度までに、働く人の主体的なキャリア形成を支援する専門家としてのキャリアコンサルタントを10万人養成することを計画しています。

なお、国家資格誕生と同時に、キャリアコンサルタントは以下の4つのレベルに分けられるようになりました。

・導入レベル(数十時間の講義と演習で学んでいる人)
・標準レベル(キャリアカウンセリングを実践必要な知識・スキルがある人)
・熟練レベル(キャリアカウンセリングを安定的に実践できる人)
・指導レベル(キャリアカウンセラーを指導できる人)

国家資格「キャリアコンサルタント」

キャリアコンサルタントは、先に掲げた4つのレベルのうち、標準レベル以上に該当します。

キャリアコンサルタント国家資格を取得するためには、国が認定する養成講習を修了して、国家試験に合格したうえで登録する必要があります。

また、キャリアコンサルタントは名称独占資格となっており、「キャリアコンサルタント」と名乗れるのは、国家資格の有資格者のみとなっています。

さらに、この資格は更新制度が設けられているため、5年ごとに国が指定する更新講習を38時間以上修了する必要があります。

国家検定「キャリアコンサルティング技能士」

キャリアコンサルティング技能士は、働く人々の技能と地位の向上を図ることを目的とした、キャリアコンサルティング協議会が実施する国家検定制度です。

レベルは1級と2級に分かれており、先に掲げた4つのレベルでは、1級が指導レベル、2級は熟練レベルに該当します。

実務経験者の技能レベルを問う検定となるため、キャリア相談などの実務経験があることや、大学や大学院で検定職種に関する科目を規定の単位以上取得していることなどが受験資格となります。

養成講習の受講で国家資格と併せて得られる資格も

上記が現在、キャリアカウンセラー(キャリアコンサルタント)の資格として代表的なものとなっていますが、厚生労働省が認定するキャリアコンサルタント養成講習は複数あり、講座によっては、民間のキャリアカウンセリング資格として有名な「CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)」資格や、グローバル資格である「GCDF-Japanキャリアカウンセラー」の取得を同時に目指せるものもあります。

なお、キャリアカウンセラーの資格は、社会的信用度の向上や就職活動の際に活用できるものです。ここに挙げた資格取得を就業用件としている場合も多くあります。