キャリアカウンセラー技能士とは

正式名称「キャリア・コンサルティング技能士」

キャリアカウンセラーの資格の中でも、唯一の国家検定であるのが「キャリア・コンサルティング技能検定」です。

この検定試験に合格すると、試験等級に応じた「キャリア・コンサルティング技能士」の称号が与えられます。ただし、技能検定試験は実務経験を有している人の技能レベルを問うものなので、実務経験のない人は受験できません。

合格することによって、キャリアカウンセラーの仕事をする際に必要な一定のスキルがあるとみなされるため、現職のキャリアカウンセラーがステップアップのために受験することが多いようです。

試験内容

本試験は1級と2級に分かれています。1級は年に1回、2級は年に2回の試験が実施されており、どちらも学科試験と実技試験(論述、面接)があります。学科と実技のどちらか片方が合格となった場合は、一部合格証書が与えられ、合格科目に関してはその翌々年度までに行われる試験が免除となります。

1級は「10年以上の実務経験があること」、2級でも「5年以上の実務経験があること」など、いくつかの受験資格が設定されています。

受験資格や試験内容に関しての詳細は、キャリア・コンサルティング協議会のキャリア・コンサルティング技能検定の公式ホームページに掲載されています。

キャリア・コンサルティング技能検定 公式ホームページ