キャリアコンサルタントは開業・独立できる?

キャリアコンサルタント資格だけでの開業・独立は難しい

キャリアコンサルタントは、近年、注目され始めている国家資格のひとつです。

国としても質の高いキャリアコンサルタントを輩出しようとする取り組みを行っており、この資格をもつことで、キャリアコンサルティングに関して一定レベルに達していることが証明できます。

しかし、キャリアコンサルタントの国家資格を持っているだけで開業や独立が成功するとは限りません。

というのも、キャリアコンサルタントは業務独占資格ではないため、「キャリアコンサルタントにしかできない仕事」というものがないからです。

実際、キャリアに関するカウンセリングを行うこと自体は、無資格でも可能です。

たとえば民間のカウンセラー資格保持者でもキャリア面談はできますし、資格を持たないけれど豊富な実務経験があり、その知識・スキルを生かして働く人もいます。

国家資格を持っているとしても、プラスアルファの強みや経験が求められてくると考えておくべきでしょう。

確かな経験、実績を積むことが大切

キャリアコンサルタントとして開業・独立を目指すのであれば、まずは現場でキャリアコンサルティング経験を多く積み、多様なケースを解決しながら、実践的なスキルを身につけることが大切です。

キャリアコンサルタントには、企業やハローワークなどの公的機関、教育機関など幅広い活躍の場があります。

なかにはキャリアコンサルタントの資格がなかったり、実務経験が浅かったりしても、アシスタントとして採用を行っているところもあります。

なんらかの形で現場に入り、地道にキャリア支援の経験を積みましょう。

また、キャリアコンサルタント国家資格を持っているだけで成功するわけではないものの、資格を持っていればクライアントからの信頼度を集めやすくなるのも確かです。

ステップアップの一環として、キャリアコンサルタント資格取得を目指したり、その上の「キャリアコンサルティング技能士」の取得に挑戦したりする人もいます。

キャリアコンサルティング技能士とは

こうして専門性を磨き、経験を積んでいくと、開業や独立の道も開けてきます。

独立したキャリアコンサルタントの活動の仕方は?

日本の場合、キャリアコンサルタントが個人のクライアントと直接契約を結んでキャリアに関する面談を行う例は、まださほど多くありません。

独立してからも、学校などの教育機関や一般企業、公的機関などと業務委託契約や顧問契約を結び、その場に所属する人(学生や従業員など)のカウンセリングに携わるのが一般的です。

そのため、独立してからも、必ずしも自宅や自分の事務所でカウンセリングを行う必要はなく、契約先に出向いて仕事をすることも多いです。

このほか、実績を重ねてキャリアコンサルタントとしての名前が売れてくるようになれば、講演会や研修、セミナーなどで収入を得ることも可能になってきます。

しかし、そうした場に人を集めるためには、専門性を磨くのはもちろん、自分の得意分野をもつことも重要です。

人事の実務経験、あるいは心理学やメンタルヘルスなどキャリア支援と関連性のある知識・スキルを備えていると、活躍の幅を広げていきやすいでしょう。