カメラマンへの転職、中途採用

カメラマンへの転職事情

カメラマンは、専門的な技術が必要な部類の仕事であるだけに、異業種で働いていた人がある日当然、カメラマンへ転職するというケースはさほど多くないようです。

ただし、業界内での転職は比較的よく見られることであり、ある会社でカメラマンとして働いていた人が、「カメラマンとしての腕を磨きたい」「別の活躍の場を求めたい」といった理由で他の会社へと転職することは珍しくありません。

ただし、カメラマンはフリーランスで活動する人も多い職種であるため、正社員としての求人はそこまで多いわけではありません。

転職を考えるのであれば、フォトスタジオ、結婚式場、写真事務所などが勤務先の候補となるでしょう。

転職の際に求められるスキルや経験

中途採用としてカメラマンを募集する企業や事務所では、一般的に経験者を求めることが多いですが、なかには未経験者を受け入れるところもあります。

経験者の場合、給料の面で優遇され、即戦力としてすぐに第一線で活躍することができるでしょう。

未経験者の場合は、入社後に研修が用意されていることが多く、現場でアシスタントとして実務経験を積みながら一人前を目指すことができます。

契約社員やアルバイトからスタートすることもあります。

撮影技術に加えて、専用ソフトを使用したレタッチや編集のスキルを持っている人は歓迎される傾向にあります。

カメラマンの転職者向け求人の探し方

カメラマンの求人情報は、一般的な求人情報サイトや求人誌などで見つけることができます。

カメラマンに特化した求人募集サイトもあります。

また、小さな写真事務所の場合、求人広告は出さずに事務所のホームページのみに求人情報を掲載していることもあります。

どうしても働きたい事務所や会社があれば、直接問い合わせてみるのもよいでしょう。

大々的に募集はしていなくても人手を欲しているケースはあるため、熱意が伝われば採用してもらえるかもしれません。