バイヤーの仕事内容

生産元から商品を買いつけ、世に広める

バイヤー(buyer)は、生産元から商品を買いつける仕事です。

バイヤーが買いつける商品は、洋服や靴、宝飾品、家具、家電、雑貨、食品など、さまざまなジャンルのものがあります。

アパレル系のセレクトショップで働いているバイヤーの場合は「靴専門」「洋服専門」とジャンルを決めて活躍している人もいます。

一方、百貨店や量販店で働いているバイヤーの場合は、いくつもの売り場の商品の買いつけを一手に任されることもあります。

バイヤーの仕事をするためには「売れそうな商品を見極める」ことが何よりも大切です。

「これならばたくさんのお客さんに売れるだろう!」と思う商品を見極めて買いつけ、店に並べます。

このためには、担当するジャンルの商品に対する幅広い知識を持つことはもちろん、洞察力、さらに時代の流れを掴んで次に流行するものを予想する力が必要とされます。

売れる商品かどうか見極める

バイヤーによる商品の買いつけは、まずは生産者のもとに品物を見に行くことから始まります。

国内外を飛び回り、大都市で定期的に行われている展示会に向かうこともありますし、ときには地方都市の工場や海外の市場まで直接足を運ぶこともあります。

流行を読み、自らの感性やセンスを発揮しながら魅力的な商品を探し出します。

ここでバイヤーは商品そのものの価値を自分の目で確かめると同時に、どんな年齢層の人たちをターゲットにしているのか、どれくらいの数の注文が可能かどうかのリサーチをします。

このとき自分が「いい」と思うだけでなく、店に置いたときにどれくらい売れるのかという感覚を持つことが大事になります。

バイヤーの仕事の良し悪しは、いい商品を仕入れたかどうかではなく、その商品が売れたかどうかで判断されるからです。

売れる商品かどうかを見極めるためには、日頃から市場調査などのリサーチを行い、すでに店頭に並べている商品の売上数字にも敏感でなければなりません。

商品を売り出すまでが仕事

バイヤーにとっては、「いくらで取引できるか」も買いつけの決め手となる大事な情報のひとつです。

ただ情報を聞き出すだけでなく、価格交渉も交えながら「これならばたくさんの人に売れるし、利益も出せる」という商品を見つけ出さなくてはいけません。

バイヤーはセンスが問われるというイメージがありますが、それと同じくらい数字に対する感覚も必要になります。

いざ買いつける商品が決まったら、店頭に出すときの価格設定をし、販売員や広報担当者に商品のコンセプトを伝えたり、自ら商品の売り場でのレイアウトを考えることもあります。

商品の魅力を最大限引き出し、確実に売るための算段をつけていくのもバイヤーの役目です。

バイヤーは「商品を買いつける」だけではなく、「商品を買いつけて売り出す」ところまでが大切な仕事なのです。