バイヤーの種類

バイヤーの仕事は、大きなくくりで見ると「商品を買い付け、仕入れを行う人」ということができますが、もっと細かく見ていけば、業態や企業によって少々異なってきます。

ここでは、バイヤーの種類について紹介していきます。

業界・業種による種類分け

アパレル業界のバイヤー

アパレル業界は、バイヤーの代表的な活躍の場となります。

実際、ファッションアイテムを買い付ける仕事がしたくて、バイヤーという職業を目指す人も少なくないようです。

大手セレクトショップのバイヤーとして働く場合は、ショップに並べる商品の買い付けをメインに行います。

国内のみならず、世界中の展示会やファッションショーへ出向き、現地で魅力的なアイテムを探し「売れる」と思うものを見極めて買い付けます。

大きなショップやブランドでは扱うアイテムの種類や数が膨大になることから、通常、複数のバイヤーやMD(マーチャンダイザー)とチームを組み、分業制で仕事を進めていきます。

マーチャンダイザーの仕事

一方、個人店や小さなショップのバイヤーとして働く場合は、一人のスタッフがバイヤー業務と接客・販売業務を兼務していることが多いです。

また、自ら経営者としてマネジメントも行いながら、理想とする商品を買い付けていく人もいます。

百貨店、小売店等

百貨店や小売店のマーチャンダイザーも、アパレル業界で働くバイヤーと基本的な役割は同じです。

店舗や担当の売り場でどのような商品を展開していくのかを考え、市場調査や売上データなども分析しながら、より多くの人の手に渡りそうな商品を買い付けます。

百貨店ではファッションだけでなく、家具、食品、雑貨など多種多様なアイテムを取扱い、バイヤーごとに担当売り場が分かれています。

いずれにしても、市場動向やお客さまのニーズを捉えたうえで、魅力的な売り場をつくり、売上アップにつなげることが求められます。

企業の規模による種類分け

大企業

アパレル系企業でも百貨店でも、大きな企業では、バイヤーは総合職として新卒入社した人が、販売職を経て、アシスタントバイヤーからバイヤーへとステップアップするのが一般的です。

一方、中途採用の場合は、最初からバイヤーとして経験を持つ人が採用されることも多くなっています。

扱うブランドやアイテムの種類が多いため、売り場や商品のジャンル別に担当バイヤーがおり、また一つの売り場に複数のバイヤーがつくことも珍しくありません。

中小企業

中小企業であると、大手企業よりも一人のバイヤーの業務範囲が広くなる傾向にあります。

個人店であると、オーナーのアシスタントとして買い付けに同行しているうちに、すべての仕事を任されるようなこともあるようです。

仕入れを行うバイヤーが、販促活動やマーケティングにも深く携わるマーチャンダイザーを兼務することもあります。