プロボクサーの現状と将来性

日本でボクシング界の全盛期は1960年代

日本で、ボクシングの全盛期は1960年代といわれています。1962年に世界チャンピオンとなったファイティング原田は、当時、プロ野球の王貞治や長嶋茂雄、大相撲の大鵬とともに国民的ヒーローでした。

ボクシングのテレビ中継も週に10本以上あり、日本は、世界有数のボクシング市場となっていきました。

1970年代も、西城正三や柴田国明、大場政夫らの世界チャンピオンが次々と誕生しました。テレビの視聴率も高く、世界タイトルマッチが大人から子供まで大きな話題になっていました。

現在は、世界チャンピオンこそいますが、多くの国民が名前を知っているような国民的ヒーローがいません。

世界タイトルマッチのテレビ中継も、2試合か、3試合同時に放映されることが多く、視聴率もそれほど高くありません。ボクシングファンの間でも、「ボクシング人気は復活するか」というテーマでよく議論されています。

ボクシング界が実力の世界であることは変わらない

確かに国民的な人気という点では、1960年代、70年代を頂点に下がっているかもしれませんが、ボクシング界があくまで実力の世界であることは、昔もいまも変わりません。

ボクシング人気の高い時代でも、日本チャンピオンにならなければ日々の生活は安定しませんでした。また、「ぜいたくな生活がしたければ、世界チャンピオンになれ」というのは、昔もいまもボクシング界の合言葉です。

何ヵ月も厳しいトレーニングを行っても、チャンピオンになれなければ、試合でもらえるファイトマネーは多くありません。それでも、多くのボクサーが、他の仕事やアルバイトをしながらボクシングを続けています。

あるボクサーは、その理由について「お金を稼ぐより、単純に自分が強くなりたいから」と語っていました。昔も、いまも、「強さへのあこがれ」が多くのプロボクサーを支えていることも変わりません。

将来的にも実力しだいの世界

ただし、C級やB級のボクサーでも、ファイトマネーの他に、ジムから生活費が支給されることはあります。しかし、それは将来に期待のかかる選手に限られます。

また、将来のスター候補と見込まれれば、C級やB級の段階からスポンサーがつくこともあります。実力の世界ですから、優遇されるのも、強い選手であり、華のある選手だけです。

ボクシングの世界は、将来的にも実力しだいという点では変わらないでしょう。しかし、学歴や経歴に関係なく、自分の腕一本で高収入を得られたり、国民的ヒーローにもなれる夢をもてることは確かです。