アスレティックトレーナーのつらいこと、大変なこと、苦労

競技者やチームの不調

アスレティックトレーナーの仕事はケガの予防、応急処置、リハビリテーション、体力トレーニング、コンディショニングをおこなうことです。

担当する競技者(スポーツ選手、アスリート)やチームの活躍ぶりが好調であればアスレティックトレーナーもやりがいや喜びを感じるでしょう。

反対にリハビリテーションのメニューを作成した競技者のケガが再発してしまったり、体力トレーニング方法を提案したにもかかわらずチームが敗退してしまったりすれば、アスレティックトレーナーにとっても非常につらいことになります。

ケガが再発するということは、治療は万全だったとしてもその後の過程に問題があったと考えられます。

根本的なケガの原因追究が不十分か不適切だったということになり、リハビリテーションのメニューに対する信用を失う可能性もあります。

また競技者やチームのパフォーマンス、成績が下がってしまうようでは、なんのためのトレーニングなのかといった問題にまで発展しかねません。

競技者やチームの不調はアスレティックトレーナーの能力不足を露呈することでもありますから、もっとも大変な思いをするでしょう。

人間関係の調整

アスレティックトレーナーにとってスポーツドクターやコーチとの連携も非常に重要な業務です。

治療するだけであれば医師の提案する方法が正しくても、競技者が現場に復帰することを考えると別の選択肢があるという場合には、医師やコーチ、競技者、家族のあいだに入って調整する必要があります。

スポーツに理解のある医師であればスムーズに通じる話でも、ときには伝わるまでていねいに説明を繰り返すことがありますし、逆に難しい医学的な話をかみくだいてコーチや競技者、家族に伝えることも考えられます。

また競技者のメンタル面でのよき相談相手になることも多いといいますし、競技者の家族に栄養面でのアドバイスをすることもあります。

関わる方々全体のまとめ役を担うこともありますので、いずれかに人間関係の不和が生じると競技に支障がでる場合も考えられます。

ほかの誰にも打ち明けられないような相談を競技者から受けることもありますが、競技者の苦労や大変な話に親身になって耳をかたむけ、解決策を一緒になって考える必要があります。

日頃からの節制が必要

健康管理のスペシャリストにもかかわらず、自分自身が体調をくずしてしまっては仕事にならないばかりでなく、信頼を損なうことにもなりかねません。

日頃から風邪をひかないように、栄養バランスの整った規則正しい食事を心がけるため、暴飲暴食や偏食は許されません。

トレーニングを指導する立場ですから、自分自身も欠かさずトレーニングを続けなければ、競技者の立場にたって方法論を考えることができませんし、競技者からの信用を得ることもできません。

プライベートや休みを返上してアスレティックトレーナーとしての仕事や研究に取り組む覚悟も必要です。

生活と仕事の境目があいまいになってしまうので、アスレティックトレーナーの仕事が好きな人でないと続けることは難しいでしょう。