資格がなくてもネイリストになれる?

無資格でもなれる職業

 

職業のなかには特別な学歴や資格、免許が必要なものがあります。

例えば、美容師は厚生労働省が指定する専門学校で学ばないと、国家資格の受験資格を得ることができません。

さらに国家試験に合格し、美容師免許を取得して初めて美容師として働くことができます。

一方ネイリストには特別な資格や免許はなく、無資格でもネイリストを名乗り働くことができます。

学歴も一部のサロンなどを除き、問われることはなく、その意味では誰もがチャレンジして、ネイリストになれる可能性があります。

資格をとるメリット

 

ネイリストに資格は必要ありませんが、実際にプロとして仕事をしてお客様からお金を貰うためには相応のレベルが必要になります。

またお客様の爪に施術をするため、衛生面、消毒、爪の構造や異常(病気)など知識も十分に備えておくことが求められます。

ネイリストは技術職であり、日々練習し技術を高めていく必要があります。

現状に甘んじることなく、資格取得に向けて努力することには大きな意義があります。

また技術や知識量を客観的に示すことは難しく、資格を取得することで自分の実力を証明することが出来ます。

そのため、資格のディプロマは業界内で評価され、なかには「JNECネイリスト技能検定2級以上合格者」を求人条件の1つとするサロンもあります。

現在ネイルサロンは多く、より待遇がよく、自分の希望にあったサロンに就職するために、資格は大きな効果を発揮することもあります。

どのレベルの資格が必要か

 

ネイリストに国家資格はないものの、民間団体が主催する資格試験がいくつかあります。

現在、国内で最も知名度と歴史がある資格がJNECネイリスト技能検定です。

受験者も多い資格で、3級は基本的なネイル知識・技術、2級はサロンワークで必要な知識・技術、1級がトップネイリストとしての知識・技術が問われます。

プロとして就職や転職を有利に進めたい場合、JNECネイリスト技能検定2級以上の取得が目安です。

さらにジェルネイルに特化した資格、ネイルサロンの衛生管理の知識を問う資格など、さまざまな種類の資格があります

資格があるだけでは無意味

 

ネイリストは資格があるだけで、仕事に困らないとはいえません。

もちろん、ネイルサロンによっては、資格取得者が優先的に採用されたり、応募条件の1つが資格取得者になっていたりすることもあり、資格を取得するメリットはあります。

しかし、資格があるから即採用ということはありません。

ネイリストは技術職であると同時に接客業でもあります。

お客様の気持ちに寄り添い、お客様に「居心地がよい」「また来たい」と感じさせる接客と技術力があれば、資格の有無はさほど問題になることはないでしょう。

さらにネイリストはセンスや感性が重視されるため、資格がなくとも、斬新なデザイン力などがあれば有名ネイリストになることも可能です。

つまり、ネイリストにとって資格取得は通過点にすぎません。

資格取得に満足せずに、技術や接客スキルを磨き続ける姿勢が大切で、その姿勢を持つ場合に資格ははじめて意味のあるものとなるでしょう。