ネイリストの勤務先と仕事内容の違い

ネイリストの勤務先の種類

ネイリストの勤務先は、ネイルサロンのほかに、美容室などのトータルビューティサロンがあります。

また特定の職場に所属せず、フリーランスとして働くネイリストや独立して自分のネイルサロンをもつネイリストもいます。

勤務先の違いにより、ネイリストとして意識すべきこと、役割、生活スタイルにも違いが出てきます。

そのなかでも、ネイルサロンは多くのネイリストが勤務する場所で、チェーン店・個人店などの分類があります。

また立地により、店舗のカラー、客層が異なり、接客スタイルや好まれるデザインが異なります。

ここでは、上記に挙げたそれぞれ勤務先と、そこで勤務するネイリストの勤務内容について詳しく紹介します。

ネイリストの仕事内容

ネイルサロンで働くネイリスト

ネイリストの勤務先として一番多いのが、ネイルサロンです。

一言でネイルサロンといっても、その立地により客層が異なり、働くネイリストの勤務時間が変ります。

例えば、住宅街にあるネイルサロンは、主に主婦層をターゲットにしていて、店の営業時間は朝~夕方というサロンが多く、働くネイリストの勤務時間は開店から閉店までのフルが多いです。

対して繁華街にあるネイルサロンは、主婦、学生、OLと客層の幅が広く、営業時間が長いです。

働くネイリストは早番・遅番のシフト制勤務になります。

また店舗戦略により高級路線、カジュアル路線など店舗イメージがあり、求められる接客スタイルが異なります。

例えば高級路線のネイルサロンは富裕層をターゲットにしているため、ラグジュアリーな内装で、価格も高く、1人の顧客に対し、丁寧な接客を心がける必要があります。

カジュアル路線のネイルサロンは、若者層をターゲットにし、価格もリーズナブルなため、サロンは回転率をあげる必要があり、施術をいかにスピーディに出来るかが重要になります。

ネイルサロンに就職する場合は、立地・客層・店舗ブランド・ウリにする技術を比較しましょう。

またネイルサロンにはチェーン店・個人店という経営規模の違いもあります。

チェーン店

全国に店舗を展開するサロンもあり、店舗間の異動があることもあります。

チェーン店の特色は、マニュアルが完備されていて、新人ネイリストでも勤務しやすいということです。

また企業によってはボーナス・育休制度などがあり、働きやすい環境が整備されています。

個人店

個人店の場合、顧客に対し、担当ネイリストがつくことも多く、顧客との距離感が近くなり、よりきめ細やかなサービス提供が可能になります。

チェーン店に比較し、技術研修会などが少なく、ベテランのネイリストが多く在籍する傾向にあります。

昇給制度、福利厚生などについては、経営者の意向に依存するところが多く、傾向としてはチェーン店に比較し劣ります。

美容室で働くネイリスト

最近はあらゆる美容施術をワンストップで済ませることが可能なトータルビューティサロンが人気です。

なかでもヘアー施術と同時にネイル施術を受けられる美容院が増加しています。

美容院で働くネイリストにとって重要なのは、美容師との連携です。

ヘアー施術の進み具合を見ながら、ネイル施術を進める必要があるほか、手が空いたきにはネイリスト業務以外の補助を行うこともあります。

更に、お客様とは髪質、ヘアースタイルなどの会話も増えるため、幅広い美容知識をもち、常にトレンドに敏感であることが求められます。

美容師免許を取得するため、ネイリストとして勤務しながら、美容師専門学校に通学する人もいます。

独立開業・フリーランスで働くネイリスト

ネイルサロンなどで経験を積んだベテランネイリストに多い働き方が独立開業・フリーランスです。

ネイルサロンの店長クラス以上の技術が求められ、特徴としては勤務時間や働き方の自由度が高いことです。

独立開業

ネイルサロンの開業準備資金は比較的少額で済み、スペースも広くは必要ないことから、開業がしやすいです。

マンションの一部屋を施術部屋として、自宅兼店舗にするネイリストもいます。

他には美容室などの一角を間借りし、契約に応じた賃料を支払い、初期投資を抑える方法もあります。

独立開業は自分でサロンの営業時間が決められるため自由度が高いのが魅力です。

但し、集客が一番の課題になり、特にリピーター客をもたない場合、店舗を維持できず、閉業に追い込まれます。

賃料、電気代、資材仕入代を意識する必要があり、ネイリストとしての素質だけでなく、経営者としての素質が必要です。

フリーランス

独立は資金面でのリスクが大きく、経営者としての責任も大きいです。

勤務の自由度を高めながら、純粋に自分のネイリストとしての技術力を発揮したい場合はフリーランスという働き方もおすすめです。

複数のネイルサロンと業務委託契約を結んだり、芸能人などの専属ネイリストになったりする人もいます。

メディア撮影、イベントなどの時だけ呼ばれ、出張という形で施術を行うこともあります。

副業としてインターネットで自作ネイルチップを販売するなど、その活動形態は人によります。

ネイルスクールで働くネイリスト

ネイリストを養成するスクールで講師として勤務するネイリストもいます。

必須資格ではありませんが、JNA認定講師資格を応募条件とするスクールも多いため、取得しておく必要がります。

講師として、ネイル技術だけでなく、接客技術も生徒に教えるため、ネイリストとしての豊富な経験が求められます。

生徒の苦手、未熟な技術を見抜く観察力、分かりやすく解説する説明力が必要です。

ネイル業界に貢献するやりがいを感じながら、生徒を現場に送り出す喜びを得ることができます。

ネイルサロンや美容室で働くより、年収が高い傾向にあるほか、福利厚生なども充実していることが多いです。

土日が休みというスクールも多く、家庭や育児との両立を希望するネイリストに魅力的な勤務先でしょう。