ネイルサロン衛生管理士とは

JNA認定資格のひとつ

 

JNAとは

JNAとは日本ネイリスト協会の略称で、ネイリストの呼び名の名づけ親といえる存在です。

日本におけるネイル産業の健全な発展を目的に、技術者・ネイル関連メーカー・流通業者、教育機関などが集って1985年に設立された、日本の特定非営利活動法人(NPO法人)です。

国内で最も歴史があり知名度があるネイル関連の資格であるネイリスト技能検定試験を実施しています。

他にもジェルネイルに関する資格も展開していて、ネイルサロン衛生管理士資格もJNAが主催する資格の1つです。

ネイルサロン衛生管理士は、JNAが制定する「ネイルサロンにおける衛生管理自主基準」を普及し、ネイルサロンの現場で正しく活用することを目的に設けられています。

ネイルサロンでは、施術の際にお客さまの手や肌に直接触れることから、器具の消毒をはじめ、徹底した衛生管理を行わなくてはなりません。

そうした「サロンにおける衛生管理」の知識を身につけ、それを実践できる能力があることを示すために、ネイルサロン衛生管理士という資格制度があります。

資格取得は必須ではない

ネイリストとして働くために必須の資格はありません。

資格がなく、専門学校などで特に学んだことがない未経験の人を採用するサロンもあります。

アシスタント、見習いとして働きながら、技術や経験をつみ、1人前のネイリストになることも可能です。

ネイルサロン衛生管理士資格も働く上で必須の資格ではありません。

ネイルサロン衛生管理士資格取得のメリット

 

サロン就職に有利に働く

ネイリストにとって資格は必須ではありませんが、資格を取得することで、よりよい待遇のサロンに就職するチャンスが広がります。

昨今ネイルサロン業界は激しい競争に晒され、ライバルサロンとの差別化を図り集客に繋げようとしています。

ネイルサロンが増え続けているなか、店内の衛生管理が不十分なことによるトラブルも増えています。

ネイルサロンは、お客さまに安心して施術を受けていただける環境づくりに取り組む必要があるため、サロン内にネイルサロン衛生管理士資格をもつネイリストがいることは広告材料となります。

そのためネイルサロン衛生管理士資格のディプロマはサロン就職に有利に働くことも多いです。

なおJNAが定める衛生管理、法令順守など厳しい基準をクリアしたサロンをJNA認定ネイルサロンといいます。

認定サロンには必ずネイルサロン衛生管理士が1人在籍している必要があります。

独立開業時に有利

ネイルサロン衛生管理士がいることで、お客様は規模に問わず安心して施術を受けることが出来ます。

そのため、ネイルサロン衛生管理士は正しい知識をもちネイルサロン運営をしていることをPRできる資格であり、サロンのイメージを向上させることができます。

そのため、特にマンションの1室などで独立する場合に客観的にサロンの安全・安心をPRできます。

そのため、独立開業を考える人、店長や経営者に取得を目指す人が多い資格です。

ネイルサロン衛生管理士資格取得方法

 

ネイルサロン衛生管理士の資格を取得するには、JNA認定校で実施される講習会を受講し、確記テスト(筆記)に合格する必要があります。

資格取得者には、認定証と資格バッジが与えられます。

受講資格

満18歳以上であれば、誰でも受講可能で、ネイリストとしての現場経験は問われません。

受講場所

JNA認定校

受講料金

一般価格が10,000円

JNA会員価格(対象者はJNA個人・法人会員、JNA認定ネイルサロンのスタッフ、講習開催校の在校生と卒業生)が6,000円

受講内容

180分の講習と、20分のテストで構成されます。

テストは20問出題され、100点満点中80点以上をとれば合格となります。

採点は当日会場内にて、その場で合否発表が行われます。

資格期限

有効期限は取得年を含む3年目の12月末日までとなり、一度の資格継続手続きを完了した場合、「永続認定」(無期限に保証される資格)となります。