ユーチューバーの広告収入の仕組み

近年、ユーチューバーとして大きく稼いでいる人が話題になり、ユーチューバーという生き方に興味を持つ人が増えているようです。

ユーチューブを使ったことがある人はたくさんいるでしょうが、それによって稼ぐとは、いったいどのような背景があるのでしょうか。

ここでは、ユーチューバーが収益を上げている仕組みについて紹介します。

なぜユーチューブで稼げるのか

ユーチューバーとして収益を上げている人の大半は、自分がアップロードしたコンテンツ(動画)に広告を入れ、それによって広告収入を得ています。

これを、ユーチューブが用意している「ユーチューブパートナープログラム」といいます。

利用者はこのプログラムに参加すると、自分の動画にGoogleが提供しているオンライン広告「Googleアドセンス広告」というものを入れることができるようになります。

ユーチューブにおけるGoogleアドセンス広告の単価は、1再生あたり約0.1円といわれています。

単純計算して、1万回の再生で1,000円、10万回の再生で1万円となり、動画の再生回数が増えるにしたがって収益も増えるというわけです。

ユーチューブ広告の種類

ユーチューブ広告にはいくつかの種類があります。おもな広告は以下の通りです。

・ディスプレイ広告(おもに注目動画の右側と、おすすめ動画一覧の上に表示されるもの)
・オーバーレイ広告(動画の再生画面の下部に表示されるもの)
・動画広告(動画再生の前にコマーシャル動画が流れるもの)

このうち、ディスプレイ広告やオーバーレイ広告は、視聴者がその広告をクリックすることで広告収入が発生する仕組みです。

一方、動画広告は動画本編が表示される前に30秒ほどの広告が流れ、視聴者が最後までそれをすべて、あるいは30秒以上視聴するか、外部のスポンサーサイトへ移動することによって、広告収入が発生する仕組みとなっています。

こうした広告の仕組みは日々進歩しており、今後も新しいユーチューブ広告が出てくることでしょう。

企業タイアップ広告で収入を得る人も

上記のほか、「企業タイアップ広告」というものによって、収入を得ているユーチューバーもいます。

企業タイアップ広告というのは、メーカーなどの企業とユーチューバーが手を組んで、企業コマーシャルや商品紹介の動画をユーチューバーが制作し、流すものになります。

ただ商品をそのまま紹介するのではなく、ユーチューバーがオリジナリティを凝らし、より多くの人に見てもらえる面白い動画を作ります。

もっとわかりやすくいうと、ディスプレイ広告や動画広告では、自分の作った動画に対して広告を入れていきますが、企業タイアップ広告の場合は動画自体が広告になるというイメージです。

こうしたことから、企業タイアップ広告は誰でもできるわけではなく、ある程度の知名度があり、人気が高いユーチューバーに対して企業から声がかかるケースが多くなっています。

企業タイアップ広告を手掛けるようになれば、企業から報酬をもらうことができ、一般的な広告よりも一度にたくさんの収入を得ることも可能になってきます。