ユーチューバーのつらいこと・大変なこと・苦労

ユーチューバーのつらいこと・大変なこと

動画の制作は手間も時間もかかる

ユーチューバーというと、ものすごく楽しく簡単な仕事と思っている人もいるかもしれません。

実際、なにも考えずに動画を投稿するだけであれば、スマートフォンひとつでも即座に行うことができます。

しかし、毎日世界中で数えきれないほどの動画が投稿されては消えていくなかで、多くの人に見てもらえる動画を作るには、視聴者にとって「見やすく」「おもしろい」動画を作り続ける工夫が必要です。

たとえば、映像の途中でテロップや効果音を入れたり、余計な部分はカットしたりといった編集作業は、人気動画では当たり前に行われています。

よい動画を作ろうと思えば思うほど、遊んだり、寝る時間を削って編集作業に没頭しなくてはならないこともあるでしょう。

稼げるユーチューバーはわずかな人だけ

試行錯誤を繰り返してオリジナルの動画を投稿したとしても、そのなかで本当に稼げる人はほんの一握りです。

YouTubeの広告収入は1再生あたり0.05円~0.1円程度とされており、単純計算で月に100万回再生されても5万円~10万円しか得ることができません。

100万回再生されることすらも決して低いハードルではありませんから、たとえばコンビニなどでアルバイトをしたほうが、よほど効率的に稼げることもあり得ます。

近年、メディアで大成功しているユーチューバーが取り上げられる機会が増えていますが、そのような生活をしている人は本当に限られていると考えておいたほうがよいでしょう。

コンテンツを発信するという責任

誰もがインターネットを使ったりスマートフォンを持ったりする時代が到来し、一般の人にとっても、動画の投稿に対する敷居はどんどん低くなっているのが事実です。

しかしながら「コンテンツを発信する」ということには、それなりの責任が伴います。

芸能人などのブログやSNSでもしばしば「炎上」といった話題が出ているように、動画も同様、軽い気持ちで投稿したものが多くの人を傷つけたり悪い影響を及ぼしたりすることもあります。

ユーチューブでも規約に違反している動画は削除されていますが、著作権などの問題は今後さらに厳しく取り締まられる可能性もあります。

ユーチューバーは魅力ある仕事である反面、個々の責任とモラルが問われます。

ユーチューバーの悩み

ユーチューバーとしての活動を始めると、寝ても覚めても動画のことで頭がいっぱいになってきます。

日常生活で起こるあらゆることに対して、「これはネタにならないかな?」と考えてしまうでしょう。

それによって、人生がより楽しくなったり、価値観が広がったりするなど魅力的なことは多々ありますが、オンオフの切り替えがうまくできないと、どこへ行っても何をしていても気が休まらない状態になってしまいがちです。

また、一度集めた視聴者(ファン)を手放したくない気持ちが募り、ムリをしてでも動画投稿をしなくてはと、休みをとらずに頑張り過ぎてしまう人もいます。

ユーチューバーを辞める理由で多いものは?

ユーチューバーの多くは、個人もしくはグループなど独立した存在として活動しているため、いつ始めるか、あるいはいつ辞めるかの自由度は高いです。

毎日のように新たに動画投稿をスタートする人が生まれる一方で、同じくらいYouTubeから離れていく人もいるのが実情です。

たとえば、もともと副業や趣味でユーチューバーをやっていた人が、他の仕事やプライベートが忙しくなったり、飽きたりしたことで、いつしかユーチューバーを辞める例は珍しくありません。

また、ユーチューバーとしてある程度人気が出てくると、投稿を続けなくてはならないプレッシャーを抱えたり、視聴者からのネガティブな声が聞こえてきたりすることがあります。

もともとは楽しく動画投稿をしていても、ストレスを感じるようになって、ユーチューバーを辞める人もなかにはいます。